『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216664)

EID=216664EID:216664, Map:[2010/材料応用特論], LastModified:2010年12月6日(月) 13:39:47, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Material Applications (日) 材料応用特論 (読) ざいりょうおうようとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.吉田 憲一
肩書 (任意):
[継承]
2.西野 秀郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
3.高木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース.機械科学講座]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座]/[徳島大学.工学部.機械工学科.機械科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class acquires importance of the material evaluation using acoustic emission method and guided wave method that are prospective as advanced material evaluation methods in more serious environment. Also it acquires the development and the prospective trend since now of the green composite materials with natural fibers and biodegradated resin as one of the advanced composites.  (日) ますます苛酷な環境で使用される先進材料の材料評価法として将来性のあるアコースティック·エミッション法(AE法)とガイド波検出法について,その基礎から応用ならびに現状を把握し,材料評価の重要性を体得する.また,先進複合材料として,自然繊維と生分解樹脂を用いたグリーンコンポジットについて,その開発と展開および今後の用途拡大指向を把握し,これからの材料開発に関する認識を深める.   [継承]
概要 (必須): (英) Non-destructive methods are more important in the material evaluation methods that have been performed widely since then. This class introduces the measuring fundamentals and the analysis using the acoustic emission method and guided wave detecting method, and also the characteristics and the up-to-date development trend of green composites with less environmental burden.  (日) 材料の評価は,従来から広範囲におこなわれている.この中で,非破壊的に評価する方法の開発が望まれている.本講義では,材料内を伝播する超音波を利用する方法を採り上げる.この方法の中には,材料内部で発生する超音波を受動的に捉えるAE法と超音波を能動的に利用するガイド波検出法がある.これらについて,その計測法の基礎と解析手法を分かり易く説明するとともに,これらの分野の現状を教授する.(吉田教授,西野准教授)また,材料の需要が多岐にわたる現況の中で,廃棄物の増量化,多様化および最終処分場の確保等に見られるように,環境に与える負荷の小さい優れた材料の開発が望まれている.これを踏まえて本講義では,グリーンコンポジットを中心にした先進複合材料を採り上げる.先進複合材料の基礎概念と求められる特性を分かり易く説明するとともに,グリーンコンポジット開発の現状を教授する(高木教授).   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) acoustic emisson(AE) (日) アコースティックエミッション (読) アコースティックエミッション [継承]
2. (英) guided wave analysis (日) ガイド波解析 (読) ガイドはかいせき [継承]
3. (英) green composite (日) 環境に優しい複合材料 (読) かんきょうにたさしいふくごうざいりょう [継承]
先行科目 (推奨): 1.材料工学 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/材料工学])
必要度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
2.材料物性特論 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/材料物性特論])
必要度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) Students are required to have a good undertanding of fundamental knowledge of materials engineering.  (日) 材料工学の基礎知識を習得していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To make clear the deformation and fracture dynamics of advanced materials by analysis of obtained AE signals.  (日) 検出したAE信号のパラメーター抽出を行うことにより,先進材料の変形および破壊のダイナミックスの解明(吉田教授).  
[継承]
2.(英) To identify verious types of defects and search for a plant life prediction using the guided wave propagating through materials.  (日) プラント材料を伝播するガイド波を検出することにより,各種欠陥の同定を行い,寿命予測の可能性の模索(西野准教授).  
[継承]
3.(英) To understand the high-performed and high-qualified green composite as one of the advanced materials with less environmental burden.  (日) 低環境負荷時代に適した先進複合材料であるグリーンコンポジットの高機能化と高品質化(高木教授).  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction of AE method  (日) アコースティック·エミッション法(AE法)の概要  
[継承]
2.(英) AE source characterization  (日) AE発生源における原波形解析  
[継承]
3.(英) AE behavior during deformation in advanced materials and its deformation mechanism  (日) 先進材料の変形中のAEと変形機構  
[継承]
4.(英) AE behavior due to microcracking in advanced materials and its fracture prediction technology  (日) 微視割れに伴うAEと破壊予測技術  
[継承]
5.(英) Up-to-date trend of material evaluation technology with AE method  (日) 最近のAE法を用いた材料評価技術の動向  
[継承]
6.(英) Propagation theory of ultrasonics in materials with viscoelasticity, anisotropy, piezoelectricity and non-linearity  (日) 粘弾性,異方性,圧電性,非線形性を考慮した超音波の伝搬理論  
[継承]
7.(英) Propagation simulation of ultrsonics  (日) 粘弾性,異方性,圧電性,非線形性を考慮した超音波の伝搬シミュレーション  
[継承]
8.(英) Fundamentals of guided wave with SH mode plate wave  (日) SHモード板波を中心としたガイド波の基礎  
[継承]
9.(英) Guided wave to circumferencial and axial directions  (日) パイプの円周方向および軸方向に伝搬するガイド波  
[継承]
10.(英) Up-to-date research trend of guided wave  (日) 最新のガイド波研究概論  
[継承]
11.(英) Concept of advanced composite materials  (日) 先進複合材料の概念  
[継承]
12.(英) Classification of advanced composite materials and its application  (日) 先進複合材料の種類と応用例  
[継承]
13.(英) Characteristics of advanced composite materials  (日) 先進複合材料の特性  
[継承]
14.(英) Advanced composite materials and global environment  (日) 先進複合材料と地球環境  
[継承]
15.(英) Development trend of green composite  (日) グリーンコンポジットの開発動向  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments count 100%  (日) 授業最終日に課すレポートで評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英) No make-up test will be given.  (日) 特別な事情がある場合を除き,再試などは行わない.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Not used  (日) 特に使用しない.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) Will be introduced in the class.  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.吉田 憲一
オフィスアワー (任意): (英) Thursday and Friday, 17:00 to 18:00  (日) 木曜日および金曜日の17:00から18:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨): 1.5DA20401 [継承]
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/材料応用特論)
            →閲覧 【授業概要】(2009/材料応用特論)
                →閲覧 【授業概要】(2008/材料応用特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/材料応用特論)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/材料応用特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/材料応用特論) 閲覧 【授業概要】(2011/材料応用特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 材料応用特論 / Material Applications
欧文冊子 ● Material Applications / 材料応用特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.82, Max(EID) = 378215, Max(EOID) = 1011923.