『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216656)

EID=216656EID:216656, Map:[2010/混相流体輸送特論], LastModified:2011年1月8日(土) 02:01:20, Operator:[出口 祥啓], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) レーザ分光学特論 (読) れーざぶんこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.出口 祥啓 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class introduces a new technolgy of advanced heat transfer and fluid mechanics that can be used for determining the optimal design and operating conditions of nuclear and geothermal power plants and also chemical plant.  (日) 原子力や地熱発電所だけでなく化学プラントなどにおける混相流問題を解決·応用できることを目的とし,高度の技術者として必須の伝熱と流体工学について解説する.   [継承]
概要 (必須): (英) Fundamental concepts of multiphase mixtures,Modeling flow-pattern transitions, Gas-liquid two-phase flow under microgravity, Film formation in annular flow, Flooding phenomena, Two-phase flow in micro-channel  (日) 混相流体の基礎概念,流動様式の遷移モデリング,微少重力下の気液二相流,環状流の液膜形成,フラッディング現象,マイクロチャネルの二相流   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) fundamental concepts of multiphase mixtures (日) 混相流体の基礎概念 (読) [継承]
2. (英) film formation in annular flow (日) 環状流の液膜形成 (読) [継承]
3. (英) flooding phenomena (日) フラッディング現象 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.熱エネルギー利用システム ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/熱エネルギー利用システム])
関連度 (任意):
[継承]
2.エネルギー環境工学 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/エネルギー環境工学])
関連度 (任意):
[継承]
3.流体エネルギー制御特論 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/流体エネルギー制御特論])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to have a good understanding of undergraduate-level heat transfer engineering, thermodynamics, hydrodynamics and related subjects.  (日) 学部教育における伝熱工学,熱力学,流体力学を理解していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the outline of the transport phenomena in multiphase fluids  (日) 混相流体の輸送現象に関する理論を理解できること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) 1. Fundamental concepts of multiphase flow  (日) 1.混相流の基礎概念  
[継承]
2.(英) 2. Flow pattern map  (日) 2.流動様式線図  
[継承]
3.(英) 3. Pressure drop, Void fraction  (日) 3.圧力損失·ボイド率  
[継承]
4.(英) 4. Bubble flow  (日) 4.気泡流  
[継承]
5.(英) 5. Slug flow, Froth flow  (日) 5.スラグ流·フロス流  
[継承]
6.(英) 6. Annular flow, Mist flow  (日) 6.環状流·噴霧流  
[継承]
7.(英) 7. Film formation in annular flow( No.1)  (日) 7.環状流の液膜形成(その1)  
[継承]
8.(英) 8. Film formation in annular flow( No.2)  (日) 8.環状流の液膜形成(その2)  
[継承]
9.(英) 9. Gas-liquid two-phase flow under microgravity(No.1)  (日) 9.微少重力下の気液二相流(その1)  
[継承]
10.(英) 10. Gas-liquid two-phase flow under microgravity(No.2)  (日) 10.微少重力下の気液二相流(その2)  
[継承]
11.(英) 11. Flooding phenomena(No.1)  (日) 11.フラッディング現象(その1)  
[継承]
12.(英) 12. Flooding phenomena(No.2)  (日) 12.フラッディング現象(その2)  
[継承]
13.(英) 13. Flooding phenomena(No.3)  (日) 13.フラッディング現象(その3)  
[継承]
14.(英) 14. Two-phase flow in micro-channel(No.1)  (日) 14.マイクロチャネルの二相流(その1)  
[継承]
15.(英) 15. Two-phase flow in micro-channel(No.2)  (日) 15.マイクロチャネルの二相流(その2)  
[継承]
16.(英) 16. Discussion on multiphase fluids transport  (日) 16.混相流体輸送に関する討論  
[継承]
評価 (必須):
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class.  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース.機械創造システム工学コース教員
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/混相流体輸送特論)
            →閲覧 【授業概要】(2009/混相流体輸送特論)
                →閲覧 【授業概要】(2008/混相流体輸送特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/混相流体輸送特論)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/混相流体輸送特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/混相流体輸送特論) 閲覧 【授業概要】(2011/レーザ分光学特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● レーザ分光学特論 / レーザ分光学特論
欧文冊子 ● レーザ分光学特論 / レーザ分光学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.72, Max(EID) = 377912, Max(EOID) = 1011280.