『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216652)

EID=216652EID:216652, Map:[2011/固体イオニクス], LastModified:2011年1月7日(金) 17:43:00, Operator:[中村 浩一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Solid State Ionics (日) 固体イオニクス (読) こたいいおにくす
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.中村 浩一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class introduces topics in solid state ionics, conduction mechanism in ionic conductors and techniques to study solid state ionics.  (日) エネルギー問題などで注目されているイオン伝導性固体の伝導機構を中心に,固体イオニクスにおける諸問題について理解する.   [継承]
概要 (必須): (英) Basic experimental and theoretical approaches to understand solid state ionics are introduced and discussed in terms of "ion dynamic" in ionic/superionic conductors.  (日) 固体中でのイオン伝導機構の解明,デバイスの開発などは,固体イオニクスと呼ばれる学際分野を形作っている.本講義では'イオン'をキーワードに,固体電解質におけるイオン拡散機構から,核磁気共鳴法や電気伝導度測定などを用いたイオン物性の測定手法などについて述べる.本科目は,工業に関する科目である.   [継承]
キーワード (推奨): 1.イオン導電体 (ionic conductor) [継承]
2.イオン拡散 (ionic diffusion) [継承]
3.2次電池 (secondary battery) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意): (英)   (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand basic physical and chemical properties of ionic conductors.  (日) イオン伝導性固体の基本的な物性を理解する.(計画1∼8)  
[継承]
2.(英) To understand basic technique to study ionic conductors.  (日) 基本的なイオン物性の測定手法について理解する.(計画9∼15)  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction to solid state ionics  (日) 固体イオニクス  
[継承]
2.(英) Band theory and conduction mechanism  (日) バンド理論と電子伝導  
[継承]
3.(英) Defect in Ionic crystal  (日) イオン結晶の点欠陥  
[継承]
4.(英) Diffusion in solid  (日) マクロな拡散現象  
[継承]
5.(英) Diffusion mechanism in solid  (日) 拡散機構  
[継承]
6.(英) Solid electrolyte - Oxides, Silver halide -  (日) 固体電解質 (酸化物,ハロゲン化物)  
[継承]
7.(英) Solid electrolyte - Li compounds -  (日) 固体電解質 (Li系化合物)  
[継承]
8.(英) Mixed conductor  (日) 混合伝導体  
[継承]
9.(英) Electrical conductivity measurement  (日) 電気伝導測定  
[継承]
10.(英) Electrical conductivity in ionic conductors  (日) イオン導電体材料の電気伝導  
[継承]
11.(英) Nuclear Magnetic Resonance  (日) 核磁気共鳴法  
[継承]
12.(英) Basic model of NMR relaxation  (日) NMRにおける緩和のモデル  
[継承]
13.(英) NMR study on ionic conductors  (日) イオン導電体材料のNMR  
[継承]
14.(英) Application - Ion secondary batteries -  (日) 固体イオニクスの応用-イオン2次電池  
[継承]
15.(英) Topics and Future in solid state ionics  (日) 固体イオニクスの最近の話題とこれから  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments count 100%.  (日) レポートで評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class.  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.中村 浩一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2011/固体イオニクス)
            →閲覧 【授業概要】(2010/固体イオニクス)
                →閲覧 【授業概要】(2009/固体イオニクス)
                    →閲覧 【授業概要】(2008/固体イオニクス)
                        →閲覧 【授業概要】(2007/固体イオニクス)
                            →閲覧 【授業概要】(2007/固体イオニクス)
                                →閲覧 【授業概要】(2006/固体イオニクス)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2011/固体イオニクス) 閲覧 【授業概要】(2011/固体イオニクス)   ←(なし)
閲覧 【授業概要】(2011/固体イオニクス)

標準的な表示

和文冊子 ● 固体イオニクス / Solid State Ionics
欧文冊子 ● Solid State Ionics / 固体イオニクス

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.60, Max(EID) = 372599, Max(EOID) = 996856.