『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216573)

EID=216573EID:216573, Map:[2010/応用生物工学特論], LastModified:2010年12月27日(月) 10:48:11, Operator:[間世田 英明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Biotechnology (日) 応用生物工学特論 (読) おうようせいぶつこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.間世田 英明
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Acquire the fundamental, advanced and applied biotechnology  (日) 生物工学の基礎,特論および応用を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英) Target and summary of this class is to understand applied microbiology, ecology, bioinstrumentation, food biotechnology, waste management and environmental biotechnology.  (日) 講義の概略と目的は応用微生物学,生態学,バイオ測定機器,食品生物工学,廃棄物処理,環境生物工学を理解する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.応用微生物学 (applied microbiology) [継承]
2.食品生物工学 (food biotechnology) [継承]
3.環境生物工学 (environmental biotechnology) [継承]
先行科目 (推奨): 1.生物環境工学特論 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/生物環境工学特論])
必要度 (任意): 0.400000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.酵素学特論 ([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/酵素学特論])
関連度 (任意): 0.400000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to have a good understanding of under graduate-level biotechnology and related subjects.  (日) 学部教育における生物工学ならびに関連科目を理解していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the outline of biotechnology  (日) 生物工学の概要を理解する.  
[継承]
2.(英) To understand the outline of advanced biotechnology  (日) 生物工学特論を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Outline of microbial bioengineering  (日) 微生物工学概論  
[継承]
2.(英) basic and application of microbial bioengineering  (日) 微生物工学の基礎と応用  
[継承]
3.(英) Outline of biotechnology  (日) 生物工学概論  
[継承]
4.(英) basic and application of biotechnology  (日) 生物工学の基礎と応用  
[継承]
5.(英) Ecology  (日) 生態学  
[継承]
6.(英) Microbiological Ecology  (日) 微生物生態学  
[継承]
7.(英) Bioinstrumentation  (日) バイオ測定機器  
[継承]
8.(英) new Bioinstrumentation  (日) 最新バイオ測定機器  
[継承]
9.(英) Outline of Food biotechnology  (日) 食品生物工学概要  
[継承]
10.(英) Basic Food biotechnology  (日) 食品生物工学の基礎  
[継承]
11.(英) Utilization of Food biotechnology  (日) 食品生物工学の利用  
[継承]
12.(英) Outline of Waste management  (日) 廃棄物処理概要  
[継承]
13.(英) Waste management  (日) 廃棄物処理  
[継承]
14.(英) Outline of Environmental biotechnology  (日) 環境生物工学概要  
[継承]
15.(英) Environmental biotechnology  (日) 環境生物工学  
[継承]
16.(英) Final Examination  (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Grade will be decided by the performance on the following: Final Exam (100%).  (日) 期末試験の成績で100%評価する   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.間世田 英明
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) For comprehending lectures and acquisition of credits, it is necessary to do a two-hour preparation lecture and a two-hour review every school hour of two hours.  (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/応用生物工学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2009/応用生物工学特論)
                →閲覧 【授業概要】(2008/応用生物工学特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/応用生物工学特論)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/応用生物工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/応用生物工学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/応用生物工学特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 応用生物工学特論 / Advanced Biotechnology
欧文冊子 ● Advanced Biotechnology / 応用生物工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.83, Max(EID) = 384075, Max(EOID) = 1027452.