『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216566)

EID=216566EID:216566, Map:[2010/エネルギー環境工学], LastModified:2011年1月24日(月) 10:40:15, Operator:[木戸口 善行], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[エコシステム工学専攻]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Energy and Environmental Engineering (日) エネルギー環境工学 (読) エネルギーかんきょうこうがく
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2011/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.木戸口 善行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class addresses to understand characteristics and background of the global warming problem and the depletion of energy resources for effective utilization system of energy resources.  (日) 地球環境問題と化石資源の枯渇問題についてエネルギー資源の現状とエネルギーの利用形態,熱エネルギーの環境負荷影響に関する専門的知識を習得し,将来の新エネルギーシステムの利用に関して思考できる能力を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英) Lecture on fossil fuels resources, environmental pollutant and environmental loading, principal of thermal energy conversion and conversion technology, nuclear energy and thermal reactor, the renewable energy and waste energy systems.  (日) 化石燃料資源,環境汚染物質と環境負荷,熱エネルギー変換原理と利用技術,原子力エネルギー,自然エネルギー及び廃棄エネルギーの利用システムを解説し, エネルギーの有効利用法と環境負荷低減法について工学的見地から講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.環境問題 (environmental problem) [継承]
2.エネルギーセキュリティ (energy security) [継承]
3.地球温暖化 (global warming) [継承]
4.エネルギー変換 (energy conversion) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) None  (日) 特になし   [継承]
注意 (任意): (英) Basic subjects concerning the engineering  (日) 工学基礎科目を習得   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand characteristics and background of the global warming problem and the depletion of energy resources, and to master the ability solving the energy security on the point of engineering field.  (日) エネルギー問題と環境問題を科学的,技術的知識をもとに評価する能力をもとに,21世紀の環境対応型エネルギー社会の構築に必要な応用力を習得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Energy Fundamentals  (日) エネルギー概論  
[継承]
2.(英) Pollution of the Atmosphere  (日) 大気汚染物質  
[継承]
3.(英) Principal of Thermal Energy Conversion  (日) 熱エネルギー変換の原理  
[継承]
4.(英) Thermal Energy Conversion System  (日) 熱エネルギー変換システム  
[継承]
5.(英) Fossil Fuels Coal, Petroleum and Natural Gas  (日) 化石燃料-石炭,石油,天然ガス  
[継承]
6.(英) Combustion Method and System of Fossil Fuels  (日) 化石燃料の燃焼方法とシステム  
[継承]
7.(英) Hydroelectric and Thermal Power Generation  (日) 水力・火力発電  
[継承]
8.(英) Nuclear Energy  (日) 原子力エネルギー  
[継承]
9.(英) Introduction of New Energy  (日) 新エネルギー概要  
[継承]
10.(英) Geothermal Energy System  (日) 地熱エネルギーシステム  
[継承]
11.(英) Wind Energy and Solar Energy SystemSystem  (日) 風力エネルギー・太陽エネルギーシステム  
[継承]
12.(英) Fuel Cell  (日) 燃料電池  
[継承]
13.(英) Biomass Energy System  (日) バイオマスエネルギーシステム  
[継承]
14.(英) Wastes Energy System  (日) 廃棄物エネルギーシステム  
[継承]
15.(英) Hydrogen Energy System  (日) 水素エネルギーシステム  
[継承]
評価 (必須): (英) Grading with attitude for lecture and some reports. Need to obtain 60 points out of 100 points for passing this lecture. Every lesson is planed to attain the targets of this lecture. Students' achievement of the targets is partly accessed by the reports.  (日) 講義への取組状況とレポート内容により100点満点で評価し,60点以上を合格とする.なお,授業計画は,到達目標を達成するためのものとなっており,レポートは到達目標の達成度評価を兼ねる.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Energy Environment  (日) 新世代工学シリーズ「エネルギー環境学」(オーム社)   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be intriduced in the class  (日) 講義時間に紹介   [継承]
URL (任意): http://www.eco.tokushima-u.ac.jp/w3/miwa/index.html [継承]
連絡先 (推奨): 1.木戸口 善行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 随時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/エネルギー環境工学)
            →閲覧 【授業概要】(2009/エネルギー環境工学)
                →閲覧 【授業概要】(2008/エネルギー環境工学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/エネルギー環境工学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/エネルギー環境工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/エネルギー環境工学) 閲覧 【授業概要】(2011/エネルギー環境工学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● エネルギー環境工学 / Energy and Environmental Engineering
欧文冊子 ● Energy and Environmental Engineering / エネルギー環境工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.57, Max(EID) = 372230, Max(EOID) = 995038.