『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216558)

EID=216558EID:216558, Map:[2011/医用生体工学特論], LastModified:2010年12月28日(火) 11:24:57, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Medical and Biological Engineering (日) 医用生体工学特論 (読) いようせいたいこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義形式とポートフォーリオ形式の併用 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.芥川 正武 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Various applications of electronic technologies to medical fields are decsribed.  (日) 電子工学のような工学技術の医療への応用について述べる.   [継承]
概要 (必須): (英) Fundamental approaches to apply engineering such as electronics to medical fields including diagnosis, treatment and alternative function are described in relation to life sciences such as physiology, biomechanics and so forth. Typical systems of medical instruments are introduced. The development of new technologies based on the intelligent functions of living bodies are presented. Functional characteristics of the nervous system and their application to information processing and control are discussed.  (日) 電子工学などの工学技術を医用診断,治療,機能代行のような医療分野に応用するための基本的方式を生体生理特性と関連づけて講義し,代表的な医療機器システム,生体の優れた機能に基づく工学新技術の展開について講述する. (木内陽介教授)生体システムの生理的特性,それに基づく医用診断,治療,機能代行への電子工学の応用,医療機器システムについて講義を担当する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) 1 Biological signal measurement 2 Biological signal processing 3 Medical systems  (日) 1.生体信号計測 2.生体信号処理 3.医療機器 の電子·工学技術を修得する  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction of medical engineering  (日) 医用工学概要  
[継承]
2.(英) Introduction of measurement of biological signal  (日) 生体計測概要  
[継承]
3.(英) Electrical measurement methods  (日) 電気計測法  
[継承]
4.(英) Magnetic measurement methods  (日) 磁気計測法  
[継承]
5.(英) Ultrasonic measurement methods  (日) 超音波計測法  
[継承]
6.(英) Other measurement methods  (日) その他の計測法  
[継承]
7.(英) Biological signal processing methods  (日) 生体信号処理方法  
[継承]
8.(英) Examples of biological signal processing  (日) 生体信号処理例題  
[継承]
9.(英) Biological system identification  (日) 生体システム同定  
[継承]
10.(英) Measurement of brain functions  (日) 脳機能計測  
[継承]
11.(英) Measurement of other functions  (日) 他の生体機能計測  
[継承]
12.(英) Biological monitor  (日) 生体モニター  
[継承]
13.(英) Analysis of electrical properties of tissue  (日) 生体電気特性解析  
[継承]
14.(英) Examples of medical diagnosis technology  (日) 医用診断機器例  
[継承]
15.(英) Examples of medical treatment technology  (日) 医用治療機器例  
[継承]
16.(英) Medical prosthesis technology  (日) 機能代行  
[継承]
評価 (必須):
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.芥川 正武 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) This lecture will be given in English.  (日) 国際連携大学院担当教員科目のため英語授業となる場合がある.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2011/医用生体工学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2010/医用生体工学特論)
                →閲覧 【授業概要】(2009/医用生体工学特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2008/医用生体工学特論)
                        →閲覧 【授業概要】(2007/医用生体工学特論)
                            →閲覧 【授業概要】(2006/医用生体工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2011/医用生体工学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/医用生体工学特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 医用生体工学特論 / Medical and Biological Engineering
欧文冊子 ● Medical and Biological Engineering / 医用生体工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.81, Max(EID) = 383418, Max(EOID) = 1024827.