『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216554)

EID=216554EID:216554, Map:[2010/移動プロセス工学], LastModified:2011年1月20日(木) 09:58:46, Operator:[加藤 雅裕], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Transport Process Engineering (日) 移動プロセス工学 (読) いどうぷろせすこうがく
[継承]
形態 (推奨): 1.ポートフォーリオ [継承]
コース (必須): 1.2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.加藤 雅裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.堀河 俊英 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The purpose of this class is to understand the transport phenomena on the interface of differential phases (gas, liquid and solid) for production and environmental preservation processes.  (日) 本講義は,生産処理プロセスや環境保全プロセスにおける異相(気体,液体,固体)界面での物質移動速度論を理解させる.   [継承]
概要 (必須): (英) Interfacial mass transfer analysis in various production and environmental processes, with an emphas is on the process systemization based on the manipulation of fluid flow near material surfaces and molecular transport in functional materials matrices. Analysis and design of chemical separation processes in terms of the molecular transport control within membranes and porous structures. Design of high functional porous micro-structured materials and spectroscopic analysis of molecular transfer phenomina in these materials.  (日) 本講義では,異相(気体,液体,固体)界面での物質移動速度論を講義し,膜や微細孔内における分子移動制御による物質移動プロセス,ならびに,吸着分離プロセスにおける多孔性ミクロ構造材料の高機能化,材料細孔内挙動の分光学的手法を用いた分子レベルでの解析について講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) mass transfer (日) 物質移動 (読) [継承]
2. (英) separation processes (日) 分離プロセス (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.分離工学特論 ([2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/分離工学特論])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) Nothing special  (日) 特になし   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をした上で授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand transport phenomena on interface of differential phases  (日) 異相界面における物質移動速度論を理解する.  
[継承]
2.(英) To understand analysis method of the phenomena in micro porous for separation processes  (日) 物質分離プロセスにおける微細孔内挙動の解析法を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) The principle of mass transfer  (日) 物質移動速度論概論  
[継承]
2.(英) Mass transfer on gas-liquid interface  (日) 気液界面における物質移動  
[継承]
3.(英) Mass transfer on gas-solid interface  (日) 気固界面における物質移動  
[継承]
4.(英) Mass transfer on solid-liquid interface  (日) 固液界面における物質移動  
[継承]
5.(英) Mass transfer process using membrane  (日) 膜を用いた物質移動プロセス  
[継承]
6.(英) Adsorption separation processes  (日) 吸着分離プロセス  
[継承]
7.(英) Adsorption velocity and diffusion  (日) 吸着速度と拡散  
[継承]
8.(英) Porous materials  (日) 多孔性ミクロ構造材料とは  
[継承]
9.(英) Synthesis of porous materials  (日) 多孔性ミクロ構造材料の合成  
[継承]
10.(英) Analysis of porous materials  (日) 多孔性ミクロ構造材料の物性評価  
[継承]
11.(英) Adsorption processes using zeolites  (日) ゼオライトを用いた吸着分離プロセス  
[継承]
12.(英) The control of molecular transfer in micro porous materials  (日) 多孔性材料の微細孔内における分子移動制御  
[継承]
13.(英) High functionalized porous materials  (日) 多孔性ミクロ構造材料の高機能化  
[継承]
14.(英) Analysis of solid materials by IR spectroscopy  (日) 赤外分光法を用いた固体材料の評価  
[継承]
15.(英) Spectroscopic analysis for phenomena in porous materials  (日) 材料細孔内挙動の分光学的解析  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignment counts 100% mainly based on the report submitted.  (日) 到達目標1は第1回∼第7回の講義が,到達目標2は第8回∼第15回の講義が関連する.到達目標の達成度は課題によって評価する.100点満点で60点以上を合格とする.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) To be announced in the class.  (日) 講義中に紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be announced in the class.  (日) 講義中に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.加藤 雅裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/移動プロセス工学)
            →閲覧 【授業概要】(2009/移動プロセス工学)
                →閲覧 【授業概要】(2008/移動プロセス工学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/移動プロセス工学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/移動プロセス工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/移動プロセス工学) 閲覧 【授業概要】(2011/移動プロセス工学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 移動プロセス工学 / Transport Process Engineering
欧文冊子 ● Transport Process Engineering / 移動プロセス工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.45, Max(EID) = 361955, Max(EOID) = 968466.