『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=215971)

EID=215971EID:215971, Map:[2010/地盤力学], LastModified:2011年2月23日(水) 11:25:54, Operator:[白田 智子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Earthquake Engineering (日) 地震工学 (読) じしんこうがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.大角 恒雄
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 地震の切迫性が報じられている中で,地震のメカニズムを理学的観点から,地震防災への活用の工学的観点へのつながりに重点を置く.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 講義の中心課題は,複合化する地震災害,その背後にある地震の物理(力学) 現象のメカニズムを理解する事にある.そのため,教科書,パワーポイント,板書を適宜交えた講義を行うが,特に視覚を介しての被害の現状の理解を重視する立場から,パワーポイントを多用する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.地震 (earthquake) [継承]
2. (英) (日) 地震災害 (読) じしんさいがい [継承]
3. (英) (日) 地震動 (読) じしんどう [継承]
4. (英) (日) 緊急地震速報 (読) きんきゅうじしんそくほう [継承]
先行科目 (推奨): 1.土の力学1 ([2011/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
2.土の力学2 ([2011/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
3.土の力学演習 ([2011/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/土の力学演習])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.地盤工学 ([2011/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/地盤工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 『土の力学1』,『土の力学2』の履修を前提とする.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) なし   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 地震発生のメカニズム,国内外の災害事例,地震波動,地震防災を理解し,地震と土石流災害との関係,ライフライン施設の被害と復旧, 緊急地震速報の技術を習得する(1∼15回).  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ガイダンス  
[継承]
2.(英)   (日) 地震発生のメカニズム(プレート活動・地球の球殻構造・地球内部地震波)  
[継承]
3.(英)   (日) 災害事例(兵庫県南部地震,中越地震,岩手・宮城地震)  
[継承]
4.(英)   (日) 国外災害事例(トルコ・コジャエリ地震,台湾・集集地震,スマトラ地震)  
[継承]
5.(英)   (日) 実体波・表面波  
[継承]
6.(英)   (日) 常時微動計測・マグニチュード・地震動指標値  
[継承]
7.(英)   (日) レベル1,レベル2地震動の定義・基盤と地震動・地震動伝播特性  
[継承]
8.(英)   (日) 入力地震動の評価手法(確率論的地震危険度評価・グリーン関数法)  
[継承]
9.(英)   (日) 強震観測  
[継承]
10.(英)   (日) 地震防災への活用  
[継承]
11.(英)   (日) 地震と土石流災害(その1)  
[継承]
12.(英)   (日) 地震と土石流災害(その2)  
[継承]
13.(英)   (日) ライフライン施設の被害と復旧  
[継承]
14.(英)   (日) 緊急地震速報  
[継承]
15.(英)   (日) 総括  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出欠状況と到達目標の達成度をレポート及び期末試験により評価し,評点が60%をクリアした場合を合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 【成績評価】と同一である.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本科目は本学科の教育目標の3(3)に,100%対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は特に指定しない.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 補足説明資料としてプリントを配付し,解説する.   [継承]
URL (任意): http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0034 [継承]
連絡先 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設工学科教員
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 月曜,金曜日16:00∼ 17:00   [継承]
[継承]
2.大角 恒雄
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 月曜,金曜日16:00∼ 17:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/地盤力学)
            →閲覧 【授業概要】(2009/地盤力学)
                →閲覧 【授業概要】(2008/地盤力学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/地盤力学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/地盤力学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/地盤力学) 閲覧 【授業概要】(2011/地震工学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 地震工学 / Earthquake Engineering
欧文冊子 ● Earthquake Engineering / 地震工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(4)
Number of session users = 0, LA = 1.25, Max(EID) = 382774, Max(EOID) = 1022369.