『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=215875)

EID=215875EID:215875, Map:[2010/合成高分子], LastModified:2010年11月29日(月) 20:03:25, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Synthetic Polymer (日) 合成高分子 (読) ごうせいこうぶんし
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.右手 浩一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 高分子科学の基本概念を理解し,高分子の構造,性質および合成法 についての基礎知識を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 身のまわりにあるいろいろな高分子材料のサンプルに手を触れなが ら,それぞれの化学構造と性質,合成の方法について述べる.これらの高分子材料が合成された経緯,高分子科学の発展の歴史について説明する.また,平均分子量とその測定法,重縮合,ビニルモノマーのラジカル重合に関する理論と基礎的概念について平易に解説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.重縮合 (polycondensation) [継承]
2.ラジカル重合 (radical polymerization) [継承]
3.ビニルポリマー (vinyl polymer) [継承]
4. (英) average molecular weight and distribution (日) 平均分子量と分子量分布 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.有機化学1 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2010/有機化学1])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.有機化学2 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2011/有機化学2])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.高分子化学2 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/高分子化学2])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.有機工業化学 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2010/有機工業化学])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意): (英)   (日) 教科書に沿って講義を行うので,必ず購入すること. u-ラーニングを積極的に利用する.本科目に続いて,昼間コース開講科目「高分子化学2」を履修することができる(本科目に先だって履修してもよい).   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 高分子の概念,身の回りの高分子材料について理解を深める.  
[継承]
2.(英)   (日) 高分子合成法の基礎知識を身につける.  
[継承]
3.(英)   (日) ラジカル重合の特徴と重合機構を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 高分子科学入門(授業の概要,身のまわりの高分子,高分子科学の歴史)  
[継承]
2.(英)   (日) 高分子合成の原理(逐次重合と連鎖重合,高分子反応),重縮合1(ポリアミド)  
[継承]
3.(英)   (日) 重縮合2(ポリエステル,重縮合の反応理論)  
[継承]
4.(英)   (日) 重縮合3(平均分子量と分子量分布,ポリイミド,耐熱性高分子)  
[継承]
5.(英)   (日) ビニルモノマーの付加重合(ラジカル,イオン,遷移金属触媒) <<レポートの課題説明>>  
[継承]
6.(英)   (日) ラジカル重合1(開始剤の選択,開始反応と停止反応)  
[継承]
7.(英)   (日) ラジカル重合2(停止反応,重合禁止剤) << 第2 回レポート提出>>  
[継承]
8.(英)   (日) ラジカル重合3(生成するポリマーの構造)  
[継承]
9.(英)   (日) ラジカル重合4(成長反応の速度論)  
[継承]
10.(英)   (日) ラジカル重合5(共重合の速度論)  
[継承]
11.(英)   (日) ラジカル重合6(共重合とモノマー反応性比,Q-e 理論)  
[継承]
12.(英)   (日) ラジカル重合7(重合反応の熱力学,天井温度と重合熱)  
[継承]
13.(英)   (日) ラジカル重合8(移動反応,リビングラジカル重合1)  
[継承]
14.(英)   (日) ラジカル重合9(リビングラジカル重合2,重合方法-塊状・溶液・懸濁・乳化)  
[継承]
15.(英)   (日) これまでの講義のまとめ  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験(第2 回レポート以降の範囲について出題)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組み姿勢およびレポートを50%,期末試験を50%として評価を行い,100点満点中60点以上を合格とする.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 伊勢典夫他著「新高分子化学序論」化学同人   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 佐藤恒之他著「高分子化学」朝倉書店   [継承]
URL (任意): http://poly.chem.tokushima-u.ac.jp/ [継承]
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 化学生物棟406号室,088-656-7402, ute@chem.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 特に指定しない.在室の際に適宜応対する.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/合成高分子)
            →閲覧 【授業概要】(2009/合成高分子)
                →閲覧 【授業概要】(2008/合成高分子)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/合成高分子)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/合成高分子)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/合成高分子) 閲覧 【授業概要】(2011/合成高分子)   閲覧 【授業概要】(2011/合成高分子)
閲覧 【授業概要】(2010/合成高分子)

標準的な表示

和文冊子 ● 合成高分子 / Synthetic Polymer
欧文冊子 ● Synthetic Polymer / 合成高分子

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(5)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.64, Max(EID) = 360720, Max(EOID) = 966211.