『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=215776)

EID=215776EID:215776, Map:[2010/技術者•科学者の倫理], LastModified:2011年2月6日(日) 12:01:54, Operator:[白田 智子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Engineering Ethics (日) 技術者•科学者の倫理 (読) ぎじゅつしゃかがくしゃのりんり
[継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.井村 隆信 (テクノメイトコープ)
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
2.三崎 幸二 (株式会社 日本環境認証機構 関西認証部)
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 技術者としての意識と誇りを身につけ,工学倫理を守るために必要な知識と知恵を学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 技術者に要求される倫理とは何か?比較研究と事例研究を中心に学ぶ.その上で,安全,環境,法規,知的財産権などに関連して,具体的にどのようなことが問題になるのか?実践的にどのように対処すればよいか?講師たちの技術者としての実体験をもとに,出来るだけ双方向的な授業をこころみる.工学倫理というむずかしそうなテーマにやさしく迫る.   [継承]
キーワード (推奨): 1.安全 (safety) [継承]
2.責任 (responsibility) [継承]
3.リスク (risk) [継承]
先行科目 (推奨): 1.安全工学 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/安全工学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意): (英)   (日) 各クラス2人の講師が,それぞれ2日(15時間)ずつ計4日(30時間)の授業を行う.全時間の出席を要する.授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.全員が教科書をもっていることを前提に授業(レポート,宿題,小テストを含む)を行う.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 工学倫理についての理解  
[継承]
2.(英)   (日) 技術者としての誇りと責任感  
[継承]
3.(英)   (日) 関連問題についての理解  
[継承]
4.(英)   (日) 実践的対応力  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) はじめに  
[継承]
2.(英)   (日) 比較論のこころみ  
[継承]
3.(英)   (日) 実例研究1(グループ討議と発表)  
[継承]
4.(英)   (日) 実例研究2(レポートと小テスト)  
[継承]
5.(英)   (日) 技術者倫理と技術倫理  
[継承]
6.(英)   (日) 安全と工学倫理  
[継承]
7.(英)   (日) 環境·資源問題と工学倫理  
[継承]
8.(英)   (日) リスク評価と技術者  
[継承]
9.(英)   (日) 実例研究3(レポートと発表·討議)  
[継承]
10.(英)   (日) 技術者と法規  
[継承]
11.(英)   (日) 製造物責任  
[継承]
12.(英)   (日) 知的財産権と工学倫理  
[継承]
13.(英)   (日) 事例研究4(レポートと発表·討議)  
[継承]
14.(英)   (日) 国際工学倫理  
[継承]
15.(英)   (日) 実践的技術者倫理  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) プレゼンテーション評価 50%,レポート·小テスト 50%   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) .   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科学習・教育目標(A: ◎)に対応する.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 『技術者による実践的工学倫理 第2版―先人の知恵と戦いから学ぶー』中村収三,(社)近畿化学工業会 工学倫理研究会 編著(発行所 化学同人)「2009年9月20日改訂 第2版」   [継承]
2.(英)   (日) 全員が教科書をもっていることを前提に授業(レポート,宿題,小テストを含む)を行う.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 適宜紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/技術者•科学者の倫理)
            →閲覧 【授業概要】(2009/技術者•科学者の倫理)
                →閲覧 【授業概要】(2008/技術者•科学者の倫理)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/技術者•科学者の倫理)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/技術者•科学者の倫理)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/技術者•科学者の倫理) 閲覧 【授業概要】(2011/技術者•科学者の倫理) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 技術者•科学者の倫理 / Engineering Ethics
欧文冊子 ● Engineering Ethics / 技術者•科学者の倫理

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(7)
Number of session users = 0, LA = 1.28, Max(EID) = 361923, Max(EOID) = 968363.