『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=214194)

EID=214194EID:214194, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 14:05:49, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北川 哲也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.元木 達夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.黒部 裕嗣
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 平田 陽一郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 菅野 幹雄 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.吉田 誉
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.神原 保
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.北市 隆 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.心臓血管外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.佐田 政隆 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.北川 哲也
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) ピオグリタゾン投与による腹部大動脈瘤ぬおける抗動脈硬化作用   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 四国医学雑誌 ([徳島医学会])
(resolved by 0037-3699)
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 66 [継承]
(必須): 3,4 [継承]
(必須): 91 94 [継承]
都市 (任意): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2010年 0月 初日 (平成 22年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 110321 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 元木 達夫, 黒部 裕嗣, 平田 陽一郎, 菅野 幹雄, 吉田 誉, 神原 保, 北市 隆, 佐田 政隆, 北川 哲也 : ピオグリタゾン投与による腹部大動脈瘤ぬおける抗動脈硬化作用, 四国医学雑誌, Vol.66, No.3,4, 91-94, 2010年.
欧文冊子 ● Tatsuo Motoki, Hirotsugu Kurobe, 平田 陽一郎, 菅野 幹雄, Homare Yoshida, Tamotsu Kanbara, Takashi Kitaichi, Masataka Sata and Tetsuya Kitagawa : ピオグリタゾン投与による腹部大動脈瘤ぬおける抗動脈硬化作用, Shikoku Acta Medica, Vol.66, No.3,4, 91-94, 2010.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.38, Max(EID) = 383858, Max(EOID) = 1026511.