『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=21297)

EID=21297EID:21297, Map:[2001/結晶成長学], LastModified:2007年12月28日(金) 16:34:46, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2002年 (平成 14年) [継承]
名称 (必須): (英) Science and Technology of Crystal Growth (日) 結晶成長学1 (読) けっしょうせいちょうがく
[継承]
コース (必須): 1.2002/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.井上 哲夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 光技術に利用できる結晶は光学結晶と呼ばれている.こうした結晶がきちんと機能を発揮するためには,品質(組成や構造)が一定のレベル以上でなければならない.高品質な結晶を育成するためには,結晶成長の素過程を知らねば成らない.本授業では結晶成長機構についての基礎知識を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 高品質の結晶を育成するには,結晶の成長機構を知ってその上で育成方法を工夫せねばならない.本講義では各種環境相(溶液,融液や気体)からの成長機構について述べる.これは専門教育の光材料の結晶成長に関連があるので,学習·教育目標Bに関連した授業である.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 「結晶工学」の受講を前提にして講義を行う.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 1.結晶成長の駆動力,2.核生成,3.2次元核及びスパイラル成長,4.融液からの成長機構,5.平衡形·成長形,6.エピタキシャル成長,について理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 光学結晶とはなにか  
[継承]
2.(英)   (日) 結晶はなぜ成長するか  
[継承]
3.(英)   (日) 核生成1(ギブストムソンの式)  
[継承]
4.(英)   (日) 核生成2(均一核生成の自由エネルギー)  
[継承]
5.(英)   (日) 核生成3(均一核生成頻度)  
[継承]
6.(英)   (日) 核生成4(不均一核生成)  
[継承]
7.(英)   (日) 成長速度と駆動力の関係  
[継承]
8.(英)   (日) 中間試験(目標1,2の達成度をテストする)  
[継承]
9.(英)   (日) 成長機構1(成長界面の構造との関係;2次元核成長  
[継承]
10.(英)   (日) 成長機構2(成長界面の構造との関係;スパイラル成長)  
[継承]
11.(英)   (日) 成長機構3(成長界面の構造との関係;融液からの成長)  
[継承]
12.(英)   (日) 結晶の平衡形  
[継承]
13.(英)   (日) 結晶の成長形  
[継承]
14.(英)   (日) 成長界面の形態安定性  
[継承]
15.(英)   (日) エピタキシャル成長  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験(目標3∼6の達成度をテストする)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 単位の取得:試験80%(中間試験40%,期末試験40%),平常点20%(出席状況,受講態度)として評価し,全体で60%以上で合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 到達目標が各々達成されているかを試験100%で評価し,75%以上で合格とする.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 光応用工学科の学習·教育目標 A;27%,B;68%,C;3%,D;2% (JABEE基準1との関係は光応用工学科自己点検書の添付資料1を参照)   [継承]
対象学生 (任意): 他学科,他学部学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 「結晶は生きている」(黒田登志雄 著,サイエンス社)   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 「結晶成長の基礎」(西永 頌 編著,培風館)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 井上哲夫,光応用棟3F310室,TEL:088-656-9416,E-mail:inoue@opt.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) オフィスアワー: 随時   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2001/結晶成長学)
            →閲覧 【授業概要】(2000/結晶成長学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2001/結晶成長学) 閲覧 【授業概要】(2002/結晶成長学1) 閲覧 【授業概要】(2003/結晶成長学1)
閲覧 【授業概要】(2003/結晶成長学1)

標準的な表示

和文冊子 ● 結晶成長学1 / Science and Technology of Crystal Growth
欧文冊子 ● Science and Technology of Crystal Growth / 結晶成長学1

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 0, LA = 1.31, Max(EID) = 376274, Max(EOID) = 1007890.