『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=207858)

EID=207858EID:207858, Map:0, LastModified:2019年3月15日(金) 13:27:47, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[大政 健史], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Omasa (日) 大政 (読) おおまさ [継承]
(必須): (英) Takeshi (日) 健史 (読) たけし [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) (日) 博士(工学) (読)
授与組織 (推奨): 大阪大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1992年 3月 25日 (平成 4年 3月 25日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): (英) (日) 大阪大学 工学部 醗酵工学科 (読)
卒業年月日 (推奨): 西暦 1986年 3月 25日 (昭和 61年 3月 25日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨): (英) (日) 大阪大学 工学研究科 醗酵工学専攻 (読)
修士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1988年 3月 25日 (昭和 63年 3月 25日) [継承]
[継承]
出身大学3 (推奨): (英) (日) 大阪大学 工学研究科 醗酵工学専攻 (読)
博士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1992年 3月 25日 (平成 4年 3月 25日) [継承]
[継承]
肩書 (必須): 1.(期間: 2015年4月 初日〜)  客員教授 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
2.(期間: 2010年5月 1日〜2015年3月 31日)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2010年5月 1日〜2015年3月 31日)  生命システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.(期間: 2010年5月 1日〜2015年3月 31日)  生物機能工学講座 (2006年4月1日〜2012年3月31日/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.生命テクノサイエンスコース.生物機能工学講座]) [継承]
3.(期間: 2010年5月 1日〜2015年3月 31日)  徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
電子メール (必須): ōmāśā (@bīō ₍.₎ ėņġ ₍.₎ ōśākā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp [継承]
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨):
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 火曜12-14時   [継承]
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨): 大政健史(顔写真 小サイズ) ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.7003926741 [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) H27.3.31 退職(ソシオテクノサイエンス研究部 生命システム工学講座)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 大政 健史, Takeshi Omasa, [Email] omasa@bio.eng.osaka-u.ac.jp, [職名・学位] 客員教授・博士(工学), [専門分野] 生物化学工学, 動物細胞培養工学, バイオ人工臓器, ティッシュエンジニアリング, [所属学会] 日本生物工学会社団法人 日本農芸化学会社団法人 化学工学会・財団法人バイオインダストリー協会・財団法人バイオインダストリー協会/独立行政法人産業技術総合研究所 バイオロジカルズ製造技術研究会・日本動物細胞工学会・日本再生医療学会・日本生化学会・日本人工臓器学会・アメリカ化学会・欧州動物細胞工学会(ESACT)・酵素工学研究会・HAB研究機構・日本再生歯科医学会・バイオロジックスフォーラム・日本酒で乾杯推進会議, [社会活動] 独立行政法人 新エネルギー·産業技術総合開発機構・財団法人バイオインダストリー協会・大阪科学技術センター・日本組織培養学会, [研究テーマ] 遺伝子組換え動物細胞の構築と安定性, 抗体医薬生産にむけたCHO(ChineseHamsterOvary)細胞のゲノム解析, 医療分野への動物細胞工学の応用, 糖鎖工学への動物細胞培養工学の応用, [キーワード] 生物化学工学, 動物細胞工学, 人工臓器, バイオ医薬品, 再生医療, ナノメディシン, 抗体医薬, 糖鎖修飾, 代謝工学, バイオプラスチック, 薬物代謝, 培養工学, 宿主開発, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Takeshi Omasa, [Email] omasa@bio.eng.osaka-u.ac.jp, [Title, Degree] Visiting Professor博士(工学), [Field of Study] Biochemical Engineering, 動物細胞培養工学, バイオ人工臓器, Tissue Engineering, [Academic Society] The Society for Biotechnology, JapanJapan Society for Bioscience, Biotechnology, and AgrochemistryThe Society of Chemical Engineers,Japan財団法人バイオインダストリー協会財団法人バイオインダストリー協会/独立行政法人産業技術総合研究所 バイオロジカルズ製造技術研究会日本動物細胞工学会日本再生医療学会The Japanese Biochemical Society日本人工臓器学会American Chemical Society欧州動物細胞工学会(ESACT)酵素工学研究会HAB研究機構日本再生歯科医学会バイオロジックスフォーラム日本酒で乾杯推進会議, [Social Activity] New Energy and Industrial Technology Development Organization財団法人バイオインダストリー協会大阪科学技術センター日本組織培養学会, [Theme of Study] 遺伝子組換え動物細胞の構築と安定性, 抗体医薬生産にむけたCHO(ChineseHamsterOvary)細胞のゲノム解析, 医療分野への動物細胞工学の応用, 糖鎖工学への動物細胞培養工学の応用, [Keyword] 生物化学工学, 動物細胞工学, 人工臓器, バイオ医薬品, 再生医療, ナノメディシン, 抗体医薬, 糖鎖修飾, 代謝工学, バイオプラスチック, 薬物代謝, 培養工学, 宿主開発, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(大政 健史)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(47) 閲覧【学会活動】…(16) 閲覧【擬人】…(2) 閲覧【共同研究】…(3)
閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(9) 閲覧【社会活動】…(4) 閲覧【集会】…(12)
閲覧【授業概要】…(12) 閲覧【賞】…(23) 閲覧【組織】…(4) 閲覧【担当授業】…(7)
閲覧【著作】…(774) 閲覧【特許・実用新案】…(17) 閲覧【非常勤講師】…(5) 閲覧【報道】…(15)
閲覧【履歴】…(26)

この個人(大政 健史)が所有している情報

閲覧【画像】…(1) 閲覧【学会活動】…(13) 閲覧【個人】…(1) 閲覧【雑誌】…(1)
閲覧【著作】…(7)

この個人(大政 健史)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(47) 閲覧【学会活動】…(29) 閲覧【共同研究】…(3) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【研究活動】…(11) 閲覧【社会活動】…(4) 閲覧【集会】…(12) 閲覧【授業概要】…(12)
閲覧【賞】…(23) 閲覧【担当授業】…(7) 閲覧【著作】…(783) 閲覧【特許・実用新案】…(17)
閲覧【非常勤講師】…(5) 閲覧【報道】…(15) 閲覧【履歴】…(26)
Number of session users = 0, LA = 0.92, Max(EID) = 361613, Max(EOID) = 967820.