『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=207310)

EID=207310EID:207310, Map:0, LastModified:2019年9月2日(月) 20:19:44, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Ohsumi (日) 大角 (読) おおすみ [継承]
(必須): (英) Tsuneo (日) 恒雄 (読) つねお [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) Dr. Engineering (日) 博士(工学) (読) はくし こうがく
授与組織 (推奨): 宮崎大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1999年 3月 24日 (平成 11年 3月 24日) [継承]
[継承]
2. (英) Dr. Agriculture (日) 博士(農学) (読) はくし のうがく
授与組織 (推奨): 鹿児島大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 2007年 9月 21日 (平成 19年 9月 21日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 中央大学
卒業年月日 (推奨): 西暦 1982年 3月 31日 (昭和 57年 3月 31日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨): (英) (日) 鹿児島大学大学院連合農学研究科生物生産科学専攻博士後期課程 (読)
博士課程修了年月日 (推奨): 西暦 2007年 9月 21日 (平成 19年 9月 21日) [継承]
[継承]
肩書 (必須): 1.(期間: 2010年4月 1日〜2013年3月 31日)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2010年4月 1日〜2013年3月 31日)  徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エコシステムデザイン部門.社会基盤システム工学 (〜2016年3月31日) [継承]
2.(期間: 2010年4月 1日〜2013年3月 31日)  徳島大学.工学部.建設工学科.社会基盤工学講座 [継承]
3.(期間: 2010年4月 1日〜2013年3月 31日)  徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.社会基盤工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨):
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨): 大角 恒雄 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.49261208400 [継承]
Researchmap (推奨):
ORCID (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) H25.3.31 退職(ソシオテクノサイエンス研究部 社会基盤システム工学)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 大角 恒雄, Tsuneo Ohsumi, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・博士(工学), 博士(農学), [専門分野] 地震工学, 砂防学, 構造地質学, [所属学会] 社団法人 土木學會社団法人 地盤工学会・日本地震学会・日本地質学会日本自然災害学会, [社会活動] 特定非営利活動団体(NPO) リアルタイム地震情報利用協議会・徳島地方裁判所・地震ハザード・リスク情報の統合的な利活用の促進に関する研究会・四国地域緊急災害調査委員会・四国地盤情報活用協議会・四国地域技術開発選定委員・四国における地震・津波対策アドバイザリー会議・徳島県徳島県, [研究テーマ] 断層モデルによる地震動策定に関する研究, 土石流検知システムに関する研究, 地震と断層の力学, [キーワード] 地震動, グリーン関数法, 断層モデル, 砂防, [共同研究可能テーマ] 地下構造物の免震設計に適用する免震材の開発に関する共同研究, 液状化対策に関する実物大の空港施設を用いた実験的研究, 振動検知式土石流センサーを活用した土石流監視手法に関する研究, 緊急地震速報を利用した地域防災力強化システムに関する研究
欧文冊子 ● [Name] Tsuneo Ohsumi, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)・Dr. Engineering, Dr. Agriculture, [Field of Study] Earthquake Engineering, Erosion Control Works, Structural Geology, [Academic Society] Japan Society of Civil EngineersThe Japanese Geotechnical Society日本地震学会The Geological Society of JapanJapan Society for Natural Disaster Science, [Social Activity] 特定非営利活動団体(NPO) リアルタイム地震情報利用協議会徳島地方裁判所地震ハザード・リスク情報の統合的な利活用の促進に関する研究会四国地域緊急災害調査委員会四国地盤情報活用協議会四国地域技術開発選定委員四国における地震・津波対策アドバイザリー会議Tokushima Prefectural GovernmentTokushima Prefectural Government, [Theme of Study] Simuration of strong ground motion, Investigation of detecting debris flows system, The mechanics of earthquke and faulting, [Keyword] strong ground motion, Green's function, fult model, erosion control, [Collaboratible] 地下構造物の免震設計に適用する免震材の開発に関する共同研究, 液状化対策に関する実物大の空港施設を用いた実験的研究, 振動検知式土石流センサーを活用した土石流監視手法に関する研究, 緊急地震速報を利用した地域防災力強化システムに関する研究

関連情報

この個人(大角 恒雄)を参照している情報

閲覧【オープンキャンパス】…(4) 閲覧【学位論文】…(9) 閲覧【学会活動】…(5) 閲覧【擬人】…(1)
閲覧【共同研究】…(2) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【講師派遣】…(14) 閲覧【社会活動】…(9)
閲覧【集会】…(2) 閲覧【授業概要】…(7) 閲覧【賞】…(1) 閲覧【組織】…(4)
閲覧【担当授業】…(7) 閲覧【著作】…(73) 閲覧【報道】…(8) 閲覧【履歴】…(10)

この個人(大角 恒雄)が所有している情報

閲覧【講師派遣】…(9) 閲覧【雑誌】…(1) 閲覧【社会連携】…(7) 閲覧【集会】…(4)
閲覧【賞】…(1) 閲覧【組織】…(4) 閲覧【著作】…(7) 閲覧【報道】…(2)
閲覧【履歴】…(2)

この個人(大角 恒雄)が権限を持つ情報

閲覧【オープンキャンパス】…(4) 閲覧【学位論文】…(9) 閲覧【学会活動】…(5) 閲覧【共同研究】…(2)
閲覧【研究】…(1) 閲覧【講師派遣】…(14) 閲覧【社会活動】…(9) 閲覧【社会連携】…(7)
閲覧【集会】…(3) 閲覧【授業概要】…(7) 閲覧【賞】…(1) 閲覧【担当授業】…(7)
閲覧【著作】…(74) 閲覧【報道】…(10) 閲覧【履歴】…(12)
Number of session users = 1, LA = 1.57, Max(EID) = 374057, Max(EOID) = 1001345.