『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=200880)

EID=200880EID:200880, Map:[2009/生物工学実験5], LastModified:2010年1月7日(木) 08:58:41, Operator:[勢川 智美], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Experiments of Biological Science and Technology 7 (日) 生物工学実験7 (読) せいぶつこうがくじっけん
[継承]
形態 (不用): 1.実験 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.長宗 秀明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.友安 俊文 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
肩書 (任意):
[継承]
3.田端 厚之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生命倫理の観点に基づいて動物実験の意義を理解する. また,動物組織や細胞の観察を行ってその構造を理解すると共に,細胞工学や免疫化学に基づく実験の原理と手法を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 授業は実習形式にて行い, 必要に応じて実習中に講義形式の説明を行う. 生命倫理的観点に基づいた動物実験の意義について説明を行い, 実験動物の取り扱いや動物個体を構成している組織・細胞の観察を行う. また, 実験動物において誘導された免疫応答反応の観察を行うと共に, 抗原抗体反応を用いた実験方法について原理と手法を学ぶ.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 細胞工学 (読) [継承]
2. (英) (日) 免疫化学 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.基礎生物工学 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/基礎生物工学1])
必要度 (任意):
[継承]
2.生化学1 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/生化学1])
必要度 (任意):
[継承]
3.生化学2 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/生化学2])
必要度 (任意):
[継承]
4.生化学3 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/生化学3])
必要度 (任意):
[継承]
5.細胞工学 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/細胞工学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.微生物学1 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/微生物学1])
関連度 (任意):
[継承]
2.微生物学2 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/微生物学2])
関連度 (任意):
[継承]
3.細胞生物学 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/細胞生物学])
関連度 (任意):
[継承]
4.タンパク質工学 ([2010/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/タンパク質工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 基礎生物工学, 生化学1, 2, 3, 細胞工学を受講していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) あらかじめ教科書(実習書)を熟読し, 予習をしっかり行って実験に臨むこと. 実験を安全に行うため「安全マニュアル」徳島大学工学部編, 「実験を安全に行うために」, 「続実験を安全に行うために」化学同人を一読しておくこと. 実験終了後は, その内容について復習を行うこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 細胞工学実験, 免疫化学実験の基礎技術および関連する知識を身につけ, 実験結果の解析方法および考察の仕方を習得する. (授業計画1∼10)  
[継承]
2.(英)   (日) 各自が行った実験について発表を行うことにより, プレゼンテーション技術を高める. (授業計画3∼12)  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ガイダンス  
[継承]
2.(英)   (日) 動物実験と生命倫理  
[継承]
3.(英)   (日) 動物組織の標本作製と観察  
[継承]
4.(英)   (日) 動物細胞の染色体観察, 授業計画2∼4のレポート(到達目標1の一部評価)  
[継承]
5.(英)   (日) 実験動物への抗原投与による抗体産生細胞の誘導  
[継承]
6.(英)   (日) 実験動物の解剖と組織の観察  
[継承]
7.(英)   (日) 抗原抗体反応を利用した抗体産生細胞の観察, 授業計画5∼7のレポート(到達目標1の一部評価)  
[継承]
8.(英)   (日) 酵素免疫測定法による細菌の免疫学的同定  
[継承]
9.(英)   (日) 電気泳動法によるタンパク質の分離とウェスタンブロッティング  
[継承]
10.(英)   (日) 抗原抗体反応を用いたタンパク質の特異的検出, 授業計画8∼10のレポート(到達目標1の一部評価)  
[継承]
11.(英)   (日) プレゼンテーションの準備  
[継承]
12.(英)   (日) 期末試験(プレゼンテーション)(到達目標1の一部評価と到達目標2の評価)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席率80%以上で, 期末試験はプレゼンテーションとする. 到達目標1の達成度はレポート(80%)およびプレゼンテーション(20%)で評価し, 到達目標2の達成度はプレゼンテーション(100%)で評価する. 両到達目標が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする(出席点は加えない).   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 成績評価と同じ.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科教育目標(B),(C),(D)に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 小冊子「生物工学実験7」   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 徳島大学工学部編 「安全マニュアル」   [継承]
2.(英)   (日) 化学同人編集部編 「実験を安全に行うために」   [継承]
3.(英)   (日) 化学同人編集部編 「続実験を安全に行うために」   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.田端 厚之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 原則として再試験は実施しない.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/生物工学実験5)
            →閲覧 【授業概要】(2008/生物工学実験5)
                →閲覧 【授業概要】(2007/生物工学実験5)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/生物工学実験5)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/生物工学実験5) 閲覧 【授業概要】(2010/生物工学実験7) 閲覧 【授業概要】(2011/生物工学実験7)

標準的な表示

和文冊子 ● 生物工学実験7 / Experiments of Biological Science and Technology 7
欧文冊子 ● Experiments of Biological Science and Technology 7 / 生物工学実験7

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.66, Max(EID) = 372230, Max(EOID) = 995038.