『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=199592)

EID=199592EID:199592, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 18:09:05, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 青年期発達論 (読) せいねんきはったつろん
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山本 真由美
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 青年期は不思議な時代です.また,青年期は時代を映す鏡とも言われます.それはなぜでしょうか.青年期の諸事情と社会との関連について考えることを目的とします.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 青年期の心理について学びながら自らの問題として捉え,考えていきましょう.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 生涯発達 (読) [継承]
2. (英) (日) 家族 (読) [継承]
3. (英) (日) 地域社会 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.生涯発達心理学 ([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース]/[学士課程]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.青少年問題研究II ([2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/[2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.ジェンダー研究 ([2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/[2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 自らの問題として主体的に学ぶ姿勢を期待します.2週に1回テーマを出します.受講生はグループを作り,そのテーマについて話し合ったり,ロールプレイを実施したりします.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 青年期心理学の理論を理解し,説明できる.  
[継承]
2.(英)   (日) 青年期の特徴を説明できる.  
[継承]
3.(英)   (日) 青年期の特徴を理解し,対応法を考える.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ガイダンス  
[継承]
2.(英)   (日) 1.青年期とは  
[継承]
3.(英)   (日) 2.青年期を理解するための理論(1)生理学的視点  
[継承]
4.(英)   (日) 青年期を理解するための理論(2)精神分析的・心理社会的視点  
[継承]
5.(英)   (日) 青年期を理解するための理論(3)認知的・社会認知的視点  
[継承]
6.(英)   (日) 青年期を理解するための理論(4)社会文化的視点  
[継承]
7.(英)   (日) 3.青年期の思考特徴 自己中心性  
[継承]
8.(英)   (日) 4.青年期の恋愛と結婚  
[継承]
9.(英)   (日) 話合いとロールプレイ  
[継承]
10.(英)   (日) 5.青年期の職業観「と就職活動  
[継承]
11.(英)   (日) 話合いとロールプレイ  
[継承]
12.(英)   (日) 6.青年期の病理  
[継承]
13.(英)   (日) 話合いとロールプレイ  
[継承]
14.(英)   (日) 全体討論  
[継承]
15.(英)   (日) 試験  
[継承]
16.(英)   (日) 総括  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) ミニッツペーパ(30%),レポート(50%),討論への参加状況(20%)を勘案し,総合的に判断する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 使用しない.担当者がその都度配布もしくは紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.山本 真由美
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 金曜日昼休み   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 青年期発達論 / 青年期発達論
欧文冊子 ● 青年期発達論 / 青年期発達論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 393818, Max(EOID) = 1066532.