『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=199465)

EID=199465EID:199465, Map:0, LastModified:2011年4月8日(金) 19:20:45, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 生命環境特別演習 (読) せいめいかんきょうとくべつえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.小山 保夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 一般的には研究は論文として発表した場合にのみ評価される.しかし,自然科学系では学会発表やピアレビューを受けていない(審査制度のない)論文は評価されない.よって,得られた実験結果から「研究論文」を纏め,それを審査制度のある学術誌(国外,英文)に投稿してみよう.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 生命科学系学術誌に研究論文を投稿する(可能ならば,受理されるまで).   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 健康であること.とにかく,論文が受理されるまでは学生自身も教員もそれなりに大変です.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 卒業までに卒業研究が論文として受理されること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 研究論文を纏めて,それを学術誌に投稿し,レフリー(査読者)のコメントに答えて論文が受理され,学術誌に論文が掲載されるまで,そのプロセスで必要な実務を体験させます.  
[継承]
2.(英)   (日) (前期)1-,2-および3-実験結果の精査および不足分の確定と追加(実験は3年次に行った分)  
[継承]
3.(英)   (日) (前期)4-,5-および6-投稿先の決定,論文フォーマットの確認および論文構成の確認  
[継承]
4.(英)   (日) (前期)7-論文書き.まずは簡単な「方法」から.  
[継承]
5.(英)   (日) (前期)8-,9-および10-論文書き.次に簡単な「結果」を.  
[継承]
6.(英)   (日) (前期)11-,12-および13-論文書き.「考察」を.引用文献を読みながらで,これは苦しい.  
[継承]
7.(英)   (日) (前期)14-,15-,16-論文書き.「緒言」を.「緒言」は,なぜ,実験をしたのか,その意義付けである.普通は最初に書くが,ここでは最後に書く.その理由を解説しながら,論文指導を行う.仕上げて,夏休み前に投稿.  
[継承]
8.(英)   (日) (後期)1-,2-および3-投稿した論文をどうするか.前期に投稿した論文は2か月以内に審査は終わり,戻ってくる.その審査結果により,ここからの講義内容は変わる.最も多いケースを想定して,以下の予定で講義を進める.  
[継承]
9.(英)   (日) (後期)4-および5-投稿した論文をどうするか.改訂を求められた場合はそれに従い,追加実験および論文内容の改訂を検討する.  
[継承]
10.(英)   (日) (後期)6-,7-および8-追加実験を行う.  
[継承]
11.(英)   (日) (後期)9-,10-および11-査読者のコメントに対する回答(論文の改訂も含む)を書く.  
[継承]
12.(英)   (日) (後期)12-冬休み前に再投稿を行う.  
[継承]
13.(英)   (日) (後期)13-再投稿した論文の審査は早いので,2週間程度で戻ってくる.その審査結果により,ここからの講義内容は変わる.最も多いケースを想定して,以下の予定で講義を進める.  
[継承]
14.(英)   (日) (後期)14-査読者のコメントの精査を行う.  
[継承]
15.(英)   (日) (後期)15-コメントに沿って論文改訂を行う.  
[継承]
16.(英)   (日) (後期)16-論文の最終稿を再々投稿し,審査結果を待つ.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 論文が受理されたら,満点.論文の受理が時間的に間に合わない場合は,そこまでのプロセスで評価します.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 講義の内容上,再試は行えません.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 研究室の先輩たちが残した論文(過去ニ年分)を参考にします.それらはhttp://pub2.ait230.tokushima-u.ac.jp/survey/person/60453/を見て,電子ジャーナルでダウンロードして下さい.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.小山 保夫
オフィスアワー (任意): (英)   (日) いつでも可.研究室にいない時はメールしなさい.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 生命環境特別演習 / 生命環境特別演習
欧文冊子 ● 生命環境特別演習 / 生命環境特別演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.49, Max(EID) = 392213, Max(EOID) = 1059644.