『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=199431)

EID=199431EID:199431, Map:0, LastModified:2011年4月7日(木) 20:13:54, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 理論経済学I (読) りろんけいざいがく
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.立花 敬雄
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 長期不況,途上国の債務,過疎過密,事業再構築,雇用,福祉,環境問題といった,現代経済の諸問題を解決するためには,資本主義経済の本質,構造の理論的理解が不可欠である.十分な理論的解明のためには,分析と総合,帰納と演繹といった学問的方法を踏まえる必要がある.本講義では,商品論,価値論,貨幣論,剰余価値論,等のそれぞれの内容と関連を概説することによって,現代経済の諸問題の解決に資することとする.   [継承]
概要 (必須):
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 特になし.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 資本主義経済を分析,総合する理論経済学の知識を習得し,応用能力を養う.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1.経済学の方法と体系  
[継承]
2.(英)   (日) 2.商品と商品形態  
[継承]
3.(英)   (日) 3.使用価値と価値  
[継承]
4.(英)   (日) 4.交換過程  
[継承]
5.(英)   (日) 5.価値形態と貨幣  
[継承]
6.(英)   (日) 6.貨幣と資本  
[継承]
7.(英)   (日) 7.労働過程と価値増殖過程  
[継承]
8.(英)   (日) 8.可変資本と剰余価値率  
[継承]
9.(英)   (日) 9.労働日と絶対的剰余価値  
[継承]
10.(英)   (日) 10.相対的剰余価値の生産  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 論述形式のテスト,受講態度などにより,評価を行う.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 実施する   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 資料,参考書は講義中に指示する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.立花 敬雄
オフィスアワー (任意): (英)   (日) (前期) 随時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 理論経済学I / 理論経済学I
欧文冊子 ● 理論経済学I / 理論経済学I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.58, Max(EID) = 377313, Max(EOID) = 1010239.