『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=199232)

EID=199232EID:199232, Map:0, LastModified:2011年4月7日(木) 02:14:34, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 地域調査法AI (読) ちいきちょうさほう
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.平井 松午
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 地域調査は,文化人類学・地理学・社会学といった実証主義的な学問における基本的な研究手法である.「地域調査法AⅠ」では,地理学的手法を取り入れた調査(フィールドワーク) の基本的な理論と手法を修得することを目的としている.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 地域調査に必要な文献収集,文献の読み方,資料収集の方法,調査の方法,発表方法について概説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 地域調査 (読) [継承]
2. (英) (日) 文献 (読) [継承]
3. (英) (日) 資料 (読) [継承]
4. (英) (日) 地図 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 地域調査法AⅠ・Ⅱでは調査の理論と技法を,地域調査実習AⅠ・Ⅱでは実践と応用を学ぶので,両者を併せて受講することが望ましい.授業では,講義形式による解説に平行して発表や作業なども行う.なお,利用可能な端末の台数によって受講者を制限する場合がある.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 地理学的な地域研究の方法を理解し,地域調査に不可欠な基礎知識を身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 地域調査の目的と意義  
[継承]
2.(英)   (日) 地理学・文化人類学における研究テーマ  
[継承]
3.(英)   (日) 文献検索法1 インターネットの活用  
[継承]
4.(英)   (日) 文献検索法2 文献目録の活用  
[継承]
5.(英)   (日) 地域調査の事例 -事例文献1を読む-  
[継承]
6.(英)   (日) 地域調査の事例 -事例文献2を読む-  
[継承]
7.(英)   (日) 地域調査の事例 -事例文献3を読む-  
[継承]
8.(英)   (日) 文献発表1  
[継承]
9.(英)   (日) 文献発表2  
[継承]
10.(英)   (日) 地域調査の方法  
[継承]
11.(英)   (日) 地域調査に関わる資料・統計の収集方法  
[継承]
12.(英)   (日) 地域調査に関わる統計資料の分析方法  
[継承]
13.(英)   (日) 地域調査に関わる地図の種類と収集方法  
[継承]
14.(英)   (日) 地域調査に関わる地図の分析方法  
[継承]
15.(英)   (日) 調査成果のまとめ方  
[継承]
16.(英)   (日) 調査成果のプレゼンテーション方法  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業態度,作業ワーク,発表内容,レポートをもとに評価を行う.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書はとくには使用せず,資料を配付する.参考図書については,随時紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.平井 松午
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 研究室 1号館中棟1階 水曜日 12:00∼13:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 本年度は開講せず   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 地域調査法AI / 地域調査法AI
欧文冊子 ● 地域調査法AI / 地域調査法AI

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 0, LA = 0.24, Max(EID) = 393846, Max(EOID) = 1066630.