『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=19886)

EID=19886EID:19886, Map:0, LastModified:2007年6月22日(金) 10:27:01, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
研究者 (必須): 1.村上 仁士 [継承]
2.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長) [継承]
3.倉田 健悟 ([島根大学]) [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 政府.文部省.日本学術振興会 (->組織[独立行政法人日本学術振興会]) [継承]
予算名 (必須): 科学研究費補助金 [継承]
予算名2 (推奨): 基盤研究(C) [継承]
番号 (推奨):
課題 (必須): (英)   (日) 次の南海地震津波来襲時における人的被害最小化に関する研究   [継承]
要約 (任意):
金額 (推奨): 1.1500.0千円 [継承]
2.1300.0千円 [継承]
3.800.0千円 [継承]
期間 (必須): 西暦 2001年 4月 1日 (平成 13年 4月 1日) 〜西暦 2004年 3月 31日 (平成 16年 3月 31日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 村上 仁士, 上月 康則, 倉田 健悟 : 文部省 日本学術振興会, 科学研究費補助金基盤研究(C), 次の南海地震津波来襲時における人的被害最小化に関する研究, 2001年4月〜2004年3月.
欧文冊子 ● Hitoshi Murakami, Yasunori Kozuki and Kengo Kurata : Japan Society for the Promotion of Science, Ministry of Education, Grants-in-Aid for Scientific ResearchScientific Research (C), 次の南海地震津波来襲時における人的被害最小化に関する研究, April 2001-March 2004.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 2.10, Max(EID) = 383310, Max(EOID) = 1024541.