『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=198660)

EID=198660EID:198660, Map:0, LastModified:2010年1月12日(火) 18:56:08, Operator:[宮崎 隆義], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 英米の社会と文化II (その1) (読) えいべいのしゃかいとぶんか
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.宮崎 隆義
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 主として19世紀のイギリス小説を取り上げて精読する.小説という,言語による虚構の芸術構造物,物語の世界,すなわち嘘の世界を,いかに豊かに味わうことができるものか,また知的にも分析することができて,人間の本質に関わる想像力がいかに広い分野に影響力を及ぼし得るものかを,具体的に作品に触れることによって理解してゆきたい.作品自体が持つ様々な問題に対して多角的なアプローチを試みるばかりでなく,その作品の時代背景にも目を向け,当時の風俗や生活習慣,時代思潮など,広い視野からの理解を目指したい.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 19世紀のイギリス小説を読む. より広い視野のもとに,イギリス文学を生み出したイギリスという国の理解も含めて様々な多角的アプローチを試みるが,特に,19世紀の小説家トマス·ハーディやその他の作家の短編を読みながら,当時の結婚をめぐる制度や,因襲的な考え方,宗教,時代思潮,風俗,女性の置かれていた立場などを考えてみたい.作品の理解を通して,虚構の世界から,現実の世界を逆照射しつつ,普遍的な問題である男女の恋愛と結婚の問題を時代のコンテクストの中に置いて理解してみたい.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) イギリス (読) [継承]
2. (英) (日) 19世紀 (読) [継承]
3. (英) (日) 小説 (読) [継承]
4. (英) (日) 時代背景 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.英米文化研究I (その1) ([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
必要度 (任意):
[継承]
2.英米文化研究I (その2) ([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.英米文化研究III (その1) ([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
2.英米文化研究IV (その1) ([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
3.英米文化研究V (その1) ([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 半年受講も可であるが,通年受講が望ましい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 精読による作品解釈の方法を身に付け,同時に作品の時代背景の事情を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 第1回 イントロダクション  
[継承]
2.(英)   (日) 第2回∼第15回 作品の講読と鑑賞並びに分析の仕方  
[継承]
3.(英)   (日) 第16回 まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 本授業はゼミナール形式で行うが,出席状況,授業時の取り組み姿勢,テーマ探求についての評価などといった平常点での評価と,期末試験またはレポート報告等の結果による評価に基づいて成績評価を行いたい.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行う   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) 3年次以上   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書,参考書等については,初回の授業時に適宜紹介する.また他にプリントや資料等も用意する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 参考資料は授業時に適宜配布する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.宮崎 隆義
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火·木曜日 12時∼13時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 英米の社会と文化II (その1) / 英米の社会と文化II (その1)
欧文冊子 ● 英米の社会と文化II (その1) / 英米の社会と文化II (その1)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(8)
Number of session users = 1, LA = 0.34, Max(EID) = 375543, Max(EOID) = 1006331.