『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=198558)

EID=198558EID:198558, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 18:36:45, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 歯学部歯学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Pharmacology (日) 薬理学A・B 講義 (読) やくりがく こうぎ
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.吉本 勝彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子薬理学])
肩書 (任意):
[継承]
2.石川 康子
肩書 (任意):
[継承]
3.水澤 典子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子薬理学])
肩書 (任意):
[継承]
4.岩田 武男
肩書 (任意):
[継承]
5.福井 裕行
肩書 (任意):
[継承]
6.玉置 俊晃
肩書 (任意):
[継承]
7.中屋 豊
肩書 (任意):
[継承]
8.板東 浩
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
9.桒島 正道
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 薬物および生理活性物質の作用の基本的メカニズムを理解し,疾患の治療や予防に適する薬物を選択する能力を身につける.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 薬物と生体の相互作用の結果おこる現象や作用機序について,個体レベル,細胞レベルおよび分子レベルで学ぶ.   [継承]
授業テーマ (必須): (英)   (日) 薬物と生体の相互作用を生化学的・生理学的基礎から理解する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (必須): 1.(英)   (日) 講義(プリント, スライド)   [継承]
授業場所 (必須): (英)   (日) 第3講義室   [継承]
注意 (推奨): (英)   (日) 試験は学生便覧の歯学部規則を満たしている者に対して行う.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 薬物療法を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-1)>   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 薬物作用の基本的形式と分類を述べることができる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-2)>   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 主な薬物の作用点および作用機序を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-3)>   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 生体内の情報伝達のメカニズムを説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-3)>   [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 細胞内の情報伝達のメカニズムを説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-3)>   [継承]
[継承]
6.(英)   (日) 薬理作用を規定する要因(用量と反応,感受性)を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-4)>   [継承]
[継承]
7.(英)   (日) 薬物の連用の影響(薬物耐性,蓄積および薬物依存)を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-5)>   [継承]
[継承]
8.(英)   (日) 薬物の併用(協力作用,拮抗作用,相互作用)を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-6)>   [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 薬物の適用方法の種類とその特徴を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(3)-1)>   [継承]
[継承]
10.(英)   (日) 薬物動態(吸収,分布,代謝,排泄)を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(3)-2)>   [継承]
[継承]
11.(英)   (日) 主な薬物の有害作用を述べることができる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(4)-1)>   [継承]
[継承]
12.(英)   (日) 医薬品の分類を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(1)-1)>   [継承]
[継承]
13.(英)   (日) 毒薬,劇薬および麻薬等の表示と保管を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(1)-2)>   [継承]
[継承]
14.(英)   (日) 日本薬局方を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(1)-3)>   [継承]
[継承]
15.(英)   (日) 末梢神経系における細胞間情報伝達について知り,その興奮・抑制をきたす薬物について作用メカニズムを説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-3)>   [継承]
[継承]
16.(英)   (日) 中枢神経系における細胞間情報伝達について知り,その興奮・抑制をきたす薬物について作用メカニズムを説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-3)>   [継承]
[継承]
17.(英)   (日) オータコイドの生理・病理について知り,受容体拮抗薬・合成阻害薬の作用点・作用メカニズムを理解する.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-3)>   [継承]
[継承]
18.(英)   (日) 循環のメカニズム・生理について知り,心臓,動脈,静脈の経路ごとの特徴を把握し,それぞれ興奮・抑制をきたす薬物を理解する.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-5-(2)-3)>   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 薬理学総論:薬理学概念  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 薬理学の歴史,薬理学の分類,薬理学の領域   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 吉本   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 薬理学総論:薬理作用と作用機序  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 薬物作用の種類,薬物の作用点と選択性,受容体を介する薬物の作用,受容体を介さない薬物の作用,薬物の化学構造と薬物活性   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 吉本   [継承]
計画毎の目標 (必須): 2,3 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 薬理学総論:受容体と細胞内情報伝達系  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 受容体の構造と種類,受容体と細胞内情報伝達系,
細胞内情報伝達系  
[継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 岩田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 4,5 [継承]
授業回数 (任意): 3 [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 薬理学総論:薬理作用を規定する要因  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 用量と反応,生体の感受性,薬物アレルギー薬物の蓄積・耐性・依存,薬物の併用と相互作用,薬物側の因子(bioavailability)   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 吉本
石川  
[継承]
計画毎の目標 (必須): 6,7 [継承]
授業回数 (任意): 4 [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 薬理学総論:薬物動態  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 薬物の適用方法,薬物の生体膜通過,吸収,薬物の血中動態,分布,代謝,排泄   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 石川   [継承]
計画毎の目標 (必須): 8,9,10 [継承]
授業回数 (任意): 3 [継承]
[継承]
6.(英)   (日) 薬理学総論:薬物の副作用  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 副作用,有害作用   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 吉本   [継承]
計画毎の目標 (必須): 11 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 薬理学総論:臨床薬理学の概要  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 医薬品とその開発,日本薬局方,処方の実際,薬物適用上の注意   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 吉本   [継承]
計画毎の目標 (必須): 12,13,14 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
8.(英)   (日) 薬理学各論:末梢神経作用薬  
内容 (必須): 1.(英)   (日) コリン作動性薬物,コリン作動性効果遮断薬,アドレナリン作動性薬物,アドレナリン作動性効果遮断薬,アドレナリン作動性ニューロン遮断薬,神経節に作用する薬物,神経筋接合部に作用する薬物   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 石川   [継承]
計画毎の目標 (必須): 15 [継承]
授業回数 (任意): 5 [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 薬理学各論:中枢神経系に作用する薬物  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 全身麻酔薬,催眠薬,鎮静薬,アルコール類,抗痙攣薬,向精神薬,脳代謝賦活薬,中枢性筋弛緩薬,中枢神経興奮薬,LSD, マリファナ等   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 吉本   [継承]
計画毎の目標 (必須): 16 [継承]
授業回数 (任意): 4 [継承]
[継承]
10.(英)   (日) 薬理学各論:オータコイド  
内容 (必須): 1.(英)   (日) ヒスタミン,セロトニン,アンギオテンシン,キニン,エイコサノイド   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 福井   [継承]
計画毎の目標 (必須): 17 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
11.(英)   (日) 薬理学各論:循環系作用薬  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 強心薬,抗不整脈薬,抗狭心症薬,降圧薬   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 吉本
中屋  
[継承]
計画毎の目標 (必須): 18 [継承]
授業回数 (任意): 3 [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 評価は筆記試験により行う. 試験は3年次前期試験期間中に実施する.
100点満点で60点以上のものを合格とする.  
[継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行う.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) プリント:必要に応じてプリントを配付する.   [継承]
2.(英)   (日) 参考書:歯科薬理学,第5版,2005年(医歯薬出版)   [継承]
3.(英)   (日) 参考書:現代歯科薬理学,第4版,2005年(医歯薬出版)   [継承]
4.(英)   (日) 参考書:New 薬理学,第5版,2007年(南江堂)   [継承]
5.(英)   (日) 参考書:臨床薬理学,第2版,2003年(医学書院)   [継承]
6.(英)   (日) 参考書:カラー図解 これならわかる薬理学,2006年(メディカル・サイエンス・インターナショナル)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (必須): 1.吉本 勝彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子薬理学])
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金 16:00-18:00/5F 分子薬理学・教授室)   [継承]
[継承]
2.石川 康子
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金 16:00-18:00/5F 分子薬理学・准教授室)   [継承]
[継承]
3.水澤 典子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子薬理学])
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金 16:00-18:00/5F 分子薬理学・第4研究室)   [継承]
[継承]
4.岩田 武男
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金 16:00-18:00/5F 分子薬理学・第4研究室)   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 薬理学A・B 講義 / Pharmacology
欧文冊子 ● Pharmacology / 薬理学A・B 講義

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.30, Max(EID) = 362779, Max(EOID) = 970357.