『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=198546)

EID=198546EID:198546, Map:0, LastModified:2011年4月8日(金) 16:00:36, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Pharmaceutical Biochemistry (日) 薬学生化学特論 (読) やくがくせいかがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士前期課程] [継承]
2.2010/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.土屋 浩一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品機能生化学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座])
肩書 (任意):
役割 (必須): 授業責任者 [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生化学的側面から病態を理解するとともに,医薬品が生体内高分子と相互作用することで薬理作用を発揮するしくみを理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 病気を細胞レベルや分子レベルで生化学的な視点から観察することで,病態と糖質・脂質・蛋白質との関連が近年明らかにされつつある.そしてこれらの知識を活用することにより,病気の発症過程に基づきターゲット分子を選択し,特異的な薬剤の開発が行われつつある.
薬学生化学特論では,代表的な疾患における生体高分子の変化をとりあげ,それらに対する検出法ならびに医薬品による新しい治療法や,医薬品開発へのアプローチ等を講述する.  
[継承]
キーワード (推奨): 1.生活習慣病発症メカニズムの解明 (Mechanisms of onset and maintenance of life-style related diseases) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 教科書は使用せずに,その都度資料を配布して講義を行います.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) がんの生化学1:細胞障害性抗がん剤  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) がんの生化学2:細胞障害性抗がん剤  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) がんの生化学3:細胞障害性抗がん剤  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) がんの生化学4:分子標的薬  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) がんの生化学5:分子標的薬  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) がんの生化学6:分子標的薬  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) がんの生化学7:抗がん剤の副作用1  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) がんの生化学8:抗がん剤の副作用2  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 新規糖尿病治療薬と生化学1  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 新規糖尿病治療薬と生化学2  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 新規糖尿病治療薬と生化学3  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 新規糖尿病治療薬と生化学4  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 肥満の生化学  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 痴呆の生化学  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 遺伝子診断と治療  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) レポート提出  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポート   [継承]
教科書 (必須):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.土屋 浩一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品機能生化学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 随時(メール連絡にて確認必要)医薬品機能解析学授室   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 平成22年度後期開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 薬学生化学特論 / Advanced Pharmaceutical Biochemistry
欧文冊子 ● Advanced Pharmaceutical Biochemistry / 薬学生化学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)
Number of session users = 3, LA = 1.14, Max(EID) = 383293, Max(EOID) = 1024467.