『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=198310)

EID=198310EID:198310, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 18:22:09, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 歯学部歯学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Dental Engineering (日) 歯科理工学C 講義 (読) しかりこうがく こうぎ
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.淺岡 憲三
肩書 (任意):
[継承]
2.浜田 賢一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
肩書 (任意):
[継承]
3.関根 一光 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
4.亘理 文夫 ([北海道大学])
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
5.吉山 昌宏 ([岡山大学])
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 歯科で用いられる材料の適切な成形法を理解するために,「歯科理工学A,B」で学習したことを基にして,①成形法による材料の微細構造の変化とそれによる物性の変化,②成形法による物性,機能の変化を踏まえた最適な成形,加工法,について学習する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 歯科治療で用いられる材料の技工法,材料操作と物性の関係を理解し,最適な成形,加工法を習得する.   [継承]
授業テーマ (必須): (英)   (日) 歯科で用いられる材料の特性と成形法を理解する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 歯科材料 (読) しかざいりょう [継承]
2. (英) (日) 歯科生体材料 (読) しかせいたいざいりょう [継承]
先行科目 (推奨): 1.歯科理工学A 講義 ([2010/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.歯科理工学B 講義 ([2010/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨):
授業方法 (必須): 1.(英)   (日) 講義(プリント,スライド等を適宜用いる.)   [継承]
授業場所 (必須): (英)   (日) 第3講義室   [継承]
注意 (推奨):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 高分子材料,セラミック材料,金属材料および複合材料の構造と物性を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-1-1)>   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 生体材料の力学的,物理的,化学的および生物学的所要性質を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-1-2)>   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 生体材料と歯科材料の安全性の評価を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-1-3)>   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 接着材と合着材の種類と成分および特性を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-1-4)>   [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 印象材の種類と性質を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-2-1)>   [継承]
[継承]
6.(英)   (日) 歯科用石こうの種類と特性を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-2-2)>   [継承]
[継承]
7.(英)   (日) ワックスの種類と特性を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-2-3)>   [継承]
[継承]
8.(英)   (日) レジンの重合,金属の鋳造・熱処理およびポーセレン焼成の特徴を使用機器と関連づけて説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-2-4)>   [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 切削・研磨用材料と使用機器の特徴を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <E-2-5)>   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 金属材料:歯科用合金1  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 金合金1   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浅岡   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 金属材料:歯科用合金2  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 金合金2   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浅岡   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 金属材料:歯科用合金3  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 銀合金   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浅岡   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 金属材料:歯科用合金4  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 耐熱合金   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浅岡   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 金属材料:歯科用合金5  
内容 (必須): 1.(英)   (日) アマルガム   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浅岡   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 金属材料:歯科用合金6  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 歯科矯正用材料   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浜田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 金属材料:歯科用合金7  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 口腔外科用材料   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浜田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 高分子材料:歯科用レジン3  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 硬質レジン   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浜田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 高分子材料:歯科用レジン4  
内容 (必須): 1.(英)   (日) コンポジットレジン   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 浜田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) セラミック材料:歯科用セメント  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 合着用セメントと充填用セメント   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 関根   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,4 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) セラミック材料:リン酸カルシウム  
内容 (必須): 1.(英)   (日) リン酸カルシウムの化学   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 関根   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) セラミック材料:陶材1  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 陶材の用途と性質   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 関根   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) セラミック材料:陶材2  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 金属焼付陶材   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 関根   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 材料科学のまとめ:歯科材料と臨床  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 歯質接着材料   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 吉山   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 材料科学のまとめ:材料と生体反応  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 歯科材料の安全性   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 亘理   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,2,3 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 筆記試験80点,平常点(授業中の演習,課題レポートなど)20点の合計100点満点で60点以上 のものを合格とする.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行う.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) プリント:必要に応じてプリントを配布する.   [継承]
2.(英)   (日) 参考書:「スキンナー歯科材料学 第8版」,R.W. Phillips著,三浦維四 他訳,医歯薬出版(1985)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (必須): 1.淺岡 憲三
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月・火17:00-18:00/2F生体材料工学·第1研究室)   [継承]
[継承]
2.浜田 賢一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月・水16:00-18:00/2F生体材料工学·第2研究室)   [継承]
[継承]
3.関根 一光 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
オフィスアワー (必須):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 歯科理工学C 講義 / Dental Engineering
欧文冊子 ● Dental Engineering / 歯科理工学C 講義

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.34, Max(EID) = 362779, Max(EOID) = 970357.