『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=198144)

EID=198144EID:198144, Map:0, LastModified:2011年4月7日(木) 22:17:50, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医学部医学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 基礎医学(2) (読) きそいがく
題目 (任意): (英) (日) ウイルス学・ウイルス学実習 (読) [継承]
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.医学部.医学科]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.足立 昭夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須):
目的 (必須): (英)   (日) 1. ウイルスの実体,ウイルス性疾患の発症病理と疫学についての理解を身につける.
2. 遺伝子治療におけるウイルスベクターの有用性と限界についての理論的理解など,疾病の原因としての理解だけでなく現代医学・生物学におけるウイルスの応用やトピックスについて理解する.  
[継承]
概要 (必須): (英)   (日) ウイルスは疾病の病原体として発見され,現在も新たなウイルス性疾患とその起因ウイルスとが見出されている.これらウイルス性疾患の起因ウイルスの性質を知り,その感染経路や発症病理を学ぶことは,その疾患を克服するための重要な課題である.その一方でウイルスは,細胞レベルでのウイルス増殖機構の解析から生命現象の基本的構図が解明されており,それらの知見をもとに現在では遺伝子治療のベクターとしての応用など単に疾病の病原体というのに留まっていない.従って,ウイルス学の講義や実習においては,疾患の病原体としてのウイルスについて学ぶことを基本に捉え,且つ,ウイルスを用いた研究の現状と今後の方向をも理解でき知識を獲得することを目的とする. ウイルス学の講義内容は総論,各論,特論に区別してある.ウイルス学総論では,ウイルスの本質,その増殖機構,宿主との相互作用,感染論を理解し,ウイルス学各論で個々のウイルスの属性とその疾患について習得する.また,特論でウイルス学に関係するトピックスに触れる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨): 1.(英)   (日) 講義:テキスト,プリント,板書,スライド   [継承]
2.(英)   (日) 実習:プリントによる説明,実習,レポートに基づく指導   [継承]
3.(英)   (日) その他:課題研究(夏期休業期間中希望者に)   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 主要なウイルスについて,それにより引き起こされる感染症名が挙げられる.  
小目標 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 主要なウイルスについて,感染経路が説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 主要なウイルスについて,有効な予防法が挙げられる.  
小目標 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 主要なウイルスについて,有効な消毒法が挙げられる.  
小目標 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 化学療法剤の有効なウイルス性疾患名を挙げることができ,その有効性の原理を説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 代表的なウイルス性疾患(別項に示す)について,その疾病の自然史が説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) ウイルスによる先天感染とその結果について説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) TORCH 症候群や性行為感染症(STD)に含まれるウイルスについて説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 人畜共通のウイルス感染症について説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 主な血清学的診断法を挙げて,その原理と結果を説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ウイルス学総論:ウイルス学序論  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 歴史と現状   [継承]
担当者 (推奨): (英)   (日) 足立   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) ウイルス学総論:構造と分類・複製  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) ウイルス学総論:進化と遺伝  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) ウイルス学総論:細胞レベルでの感染  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) ウイルス学総論:個体レベルでの感染  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) ウイルス学総論:持続感染  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) ウイルス学総論:実験室内診断  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) ウイルス学総論:ワクチン  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) ウイルス学総論:疫学と防疫  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) ウイルス学総論:免疫と発症機序  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 足立   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) ウイルス学総論:ウイルス発癌  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 足立   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) ウイルス学総論:化学療法  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 足立   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) ウイルス学各論:パルボ・パポーバウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) ウイルス学各論:アデノウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) ウイルス学各論:ヘルペスウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 三宅   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) ウイルス学各論:ヘパドナウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 三宅   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
17.(英)   (日) ウイルス学各論:ピコルナウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
18.(英)   (日) ウイルス学各論:カリシ・アストロ・コロナ・レオウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
19.(英)   (日) ウイルス学各論:トガウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 野間口   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
20.(英)   (日) ウイルス学各論:フラビウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 野間口   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
21.(英)   (日) ウイルス学各論:パラミクソウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
22.(英)   (日) ウイルス学各論:ラブド・アレナ・ブニア・フィロウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 内山   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
23.(英)   (日) ウイルス学各論:オルソミクソウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 野間口   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
24.(英)   (日) ウイルス学各論:レトロウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 足立   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
25.(英)   (日) ウイルス学特論:ポリオウイルス  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
26.(英)   (日) ウイルス学特論:構造ウイルス学  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
27.(英)   (日) ウイルス学実習:ウイルス実験の基礎  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 1. 試験(記述式) 2. 実習レポート   [継承]
再評価 (任意):
教科書 (推奨): 1.(英)   (日) 戸田新細菌学 改訂33版 (南山堂)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 足立 昭夫 (633-7078) adachi@basic.med.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月∼金 8:30∼17:15   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 担当者は足立教授以外に,内山恒夫准教授,野間口雅子准教授,三宅在子助教である.   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 基礎医学(2) / 基礎医学(2) --- ウイルス学・ウイルス学実習 / ウイルス学・ウイルス学実習
欧文冊子 ● 基礎医学(2) / 基礎医学(2) --- ウイルス学・ウイルス学実習 / ウイルス学・ウイルス学実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.77, Max(EID) = 360453, Max(EOID) = 965402.