『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197961)

EID=197961EID:197961, Map:0, LastModified:2015年4月1日(水) 15:02:43, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医学部保健学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Risk Management (日) リスクマネージメント (読) リスクマネージメント
題目 (任意):
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.川西 千恵美
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.谷岡 哲也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
3.森 恵子
肩書 (任意):
[継承]
4.宮川 操 (徳島文理大学保健福祉学部看護学科基礎看護学)
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 1)看護業務と医療事故の関連から看護師としての法的責任を理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 1)これまで,報道のあった事故事例を調べる. 2)その事故事例をグループに分かれ,どのようにすれば患者の安全を守ることができたか分析する. 3)実習体験でひやりとしたりはっとしたことを共有する. 4)法的責任について理解する. 5)各実習領域での代表的な事故事例の注射,転倒,服薬,患者確認,医療者の受傷などのついて安全の守るための方策を考える.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 看護者 (読) [継承]
2. (英) (日) 医療過誤 (読) [継承]
3. (英) (日) 医療事故 (読) [継承]
4. (英) (日) 安全対策 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.看護管理学 ([2010/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 医療事故は,日常の看護で発生しやすいことを認識し,質の高い医療を提供するために必要な安全対策の基本的知識を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 事故発生のメカニズムと自己分析  
[継承]
2.(英)   (日) 医療における安全対策  
[継承]
3.(英)   (日) 原因の分析と防止対策  
[継承]
4.(英)   (日) 事故事例を通じた要因分析  
[継承]
5.(英)   (日) がんの治療におけるリスクマネジメント1  
[継承]
6.(英)   (日) がんの治療におけるリスクマネジメント2  
[継承]
7.(英)   (日) 医療事故の種類(誤薬,転倒・転落など)と安全対策1  
[継承]
8.(英)   (日) 医療事故の種類(誤薬,転倒・転落など)と安全対策2  
[継承]
9.(英)   (日) 看護業務上の危険と防止策  
[継承]
10.(英)   (日) グループワークによる発表とまとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) グループワーク(50),レポート(50)   [継承]
再評価 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 1)土屋八千代,山田静子,鈴木俊夫編集:看護事故予防学,中山書店   [継承]
2.(英)   (日) 2)東京医科大学病院看護部安全対策委員会:こうすればできる安全な看護,ディジットブレーン   [継承]
3.(英)   (日) 3)松下由美子ほか:医療安全,メディカ出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.谷岡 哲也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● リスクマネージメント / Risk Management
欧文冊子 ● Risk Management / リスクマネージメント

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.73, Max(EID) = 376274, Max(EOID) = 1007890.