『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197894)

EID=197894EID:197894, Map:0, LastModified:2010年3月3日(水) 19:53:12, Operator:[藤本 晶子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Analytical Chemistry (日) 薬品分析学特論 (読) やくひんぶんせきがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士前期課程] [継承]
2.2010/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.田中 秀治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学]/徳島大学薬学部創製薬科学科分析科学研究室/徳島大学大学院薬科学教育部分析科学分野)
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
役割 (必須): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.竹内 政樹 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学])
肩書 (任意): 准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
役割 (必須):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 薬物や環境汚染物質などの濃度を各種分析装置を用いて自動連続測定(自動分析法,フロー分析法)するための基礎と応用について講義する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 前半は, コンピュータを用いて制御と計測を行うために必要な基礎知識,およびフロー分析法の基礎と応用について講義する.後半は,環境汚染物質が人体・自然環境に及ぼす影響と最新の分析技術について講義する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) analytical science (日) 分析科学 (読) [継承]
2. (英) automated analysis (日) 自動化分析 (読) [継承]
3. (英) flow analysis (日) フロー分析 (読) [継承]
4. (英) environmental pollutant (日) 環境汚染物質 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 本年度はe-learning化を行う予定はない.   [継承]
計画 (必須): 1.(英) Automation of analysis  (日) 分析法の自動化  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka  (日) 田中秀治   [継承]
[継承]
2.(英) Flow injection analysis and its sequels  (日) フローインジェクション分析法とその関連法  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka  (日) 田中秀治   [継承]
[継承]
3.(英) Application of flow analysis  (日) フロー分析法の応用  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka  (日) 田中秀治   [継承]
[継承]
4.(英) Digital signal processing  (日) ディジタル信号処理  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka  (日) 田中秀治   [継承]
[継承]
5.(英) Frequency analysis  (日) 周波数解析  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka  (日) 田中秀治   [継承]
[継承]
6.(英) Feedback-based flow ratiometry  (日) フィードバック制御フローレイショメトリー  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka  (日) 田中秀治   [継承]
[継承]
7.(英) Amplitude modulated multiplexed flow analysis  (日) 振幅変調多重化フロー分析法  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka  (日) 田中秀治   [継承]
[継承]
8.(英) gaseous pollutant  (日) 大気分析1) ガス状汚染物質  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Masaki Takeuchi  (日) 竹内政樹   [継承]
[継承]
9.(英) particulate pollutant  (日) 大気分析2) 粒子状汚染物質  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Masaki Takeuchi  (日) 竹内政樹   [継承]
[継承]
10.(英) indoor air analysis  (日) 屋内空気分析  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Masaki Takeuchi  (日) 竹内政樹   [継承]
[継承]
11.(英) breath analysis  (日) 呼気分析  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Masaki Takeuchi  (日) 竹内政樹   [継承]
[継承]
12.(英) carbon dioxide  (日) 環境汚染物質1) 二酸化炭素  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Masaki Takeuchi  (日) 竹内政樹   [継承]
[継承]
13.(英) perchlorate  (日) 環境汚染物質2) 過塩素酸  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Masaki Takeuchi  (日) 竹内政樹   [継承]
[継承]
14.(英) arsenic  (日) 環境汚染物質3) ヒ素  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Masaki Takeuchi  (日) 竹内政樹   [継承]
[継承]
15.(英) overview  (日) 総括  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka, Masaki Takeuchi  (日) 田中秀治,竹内政樹   [継承]
[継承]
16.(英) Exam  (日) 試験  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英) Hideji Tanaka, Masaki Takeuchi  (日) 田中秀治,竹内政樹   [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況と試験により評価する.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 指定しない   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.田中 秀治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学]/徳島大学薬学部創製薬科学科分析科学研究室/徳島大学大学院薬科学教育部分析科学分野)
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月∼金の8:30∼12:00,13:00∼17:30   [継承]
[継承]
2.竹内 政樹 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分析科学])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月∼金の8:30∼12:00,13:00∼17:30   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 質問は電子メールでも受け付けるが,件名に「薬品分析学特論」と記すこと.   [継承]
2.(英)   (日) 平成23年度開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 薬品分析学特論 / Advanced Analytical Chemistry
欧文冊子 ● Advanced Analytical Chemistry / 薬品分析学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)
Number of session users = 4, LA = 0.57, Max(EID) = 383293, Max(EOID) = 1024467.