『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197802)

EID=197802EID:197802, Map:0, LastModified:2009年11月26日(木) 14:00:17, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 消化器内科学 (読) しょうかきないかがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.医科学教育部.医学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.伊東 進
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.清水 一郎
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
3.本田 浩仁
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
4.六車 直樹 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
5.添木 武 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 消化器および循環器に関する研究について,その方法論を修得させ,それに基づき各研究分野の先端的研究を推進するよう指導する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) ポストゲノム時代の内視鏡学,肝発癌と肝線維化に関する分子生物学,肝炎・肝癌の診断と治療,新しい内視鏡診断と治療,心臓病の新しい診断と治療法について講義する.オムニバス方式で行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨): 1.(英)   (日) オムニバス方式   [継承]
注意 (推奨): (英)   (日) 授業はプリントやパワーポイントを使用するが,各講義は独立した内容なので,講義に集中し,ノートの取り方を工夫すること.遅刻の場合,「出席」扱いはしない.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 赤外線蛍光内視鏡学  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 清水 一郎   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 肝線維化と肝発癌  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 清水一郎   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 肝炎・肝癌の診断と治療  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 本田浩仁   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 新しい内視鏡診断と治療  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 六車直樹   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 心臓病の新しい診断と治療法  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 添木 武   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業は講義形式で行うが,出席状況,質疑応答といった授業への取組み姿勢などにもとづく平常点での評価を中心に行う.また,理解度の確認のために質問用紙を配布し,授業終了後に回収することも行う.   [継承]
再評価 (任意): (英)   (日) 行わない   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) non medicalの学生に消化器・循環器疾患に関する臨床医学を修得させる.   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 消化器内科学 / 消化器内科学
欧文冊子 ● 消化器内科学 / 消化器内科学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 3, LA = 0.54, Max(EID) = 375669, Max(EOID) = 1006608.