『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197486)

EID=197486EID:197486, Map:[2009/分析·環境化学特論/分析·環境化学特論], LastModified:2010年1月28日(木) 14:27:25, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Analytical and Environmental Chemistry (日) 分析·環境化学特論 (読) ぶんせきかんきょうかがくとくろん
題目 (不用): (英) Advanced Analytical and Environmental Chemistry (日) 分析·環境化学特論 (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.安澤 幹人 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.薮谷 智規
肩書 (任意): 講師 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class introduces current status and topics in the academic field of analytical chemistry and grobal environmental problems in the world.  (日) 分析化学の最新の進歩を理解させる. また,現在人類が直面している地球環境問題についても分析化学の立場から理解させる..   [継承]
概要 (必須): (英) The outiline of this class is an introduction of histry and advances of analytical chemistry and environmental problems. The contents for analytical chemisry include sample preparation, separation method and principles of some imrpotant analytical instruments for characterizing enviromental problems.  (日) 分析化学の歴史と最新の進歩について,また,自然環境の汚染の歴史や,現在人類が直面している地球環境問題を概観する.分析化学の歴史と進歩, サンプリング,試料調製,分離,後処理, 光子を用いる分析法, 電子を用いる分析法, イオンを用いる分析法, 化学センサ, 環境の汚染 , 環境分析に用いられる分析法について講述する.本科目は,分析·環境化学に関する科目である.   [継承]
キーワード (推奨): 1.分析化学 (analytical chemistry) [継承]
2.環境分析化学 (environmental analytical chemistry) [継承]
先行科目 (推奨): 1.地球環境化学 ([2010/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/地球環境化学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) Students are requied to have enough knowledges and trainings of analytical chemistry and environmental chemistry in undergraduate-level and related subjects.  (日) 学部教育における分析化学・環境化学を十分理解していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the current advance in analytical chemistry.  (日) 分析化学,機器分析の最新の進歩を理解させる.  
[継承]
2.(英) To understand of the earth environmental problems in the viewpoint of analytical chemistry.  (日) 地球環境問題について分析化学の立場から理解させる..  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction  (日) 総論  
[継承]
2.(英) Influence of chemical compunds to human health  (日) 化学物質の及ぼす生体影響に関する話題  
[継承]
3.(英) Introduction of analytical methods of chemical compounds in biological samples  (日) 生体試料中の化学物質の分析  
[継承]
4.(英) Curent topics of analysis of chemical compounds in biological samples  (日) 生体試料中の化学物質の分析に関する最近のトピックス  
[継承]
5.(英) Current status of pollution in global environment by toxic chemical compounds  (日) 化学物質による地球環境汚染の現状  
[継承]
6.(英) Introduction of urban atmospheric environment  (日) 都市大気環境に関する概説  
[継承]
7.(英) Current statas and topics in urban atmospheric environment  (日) 都市大気環境の現状と最近のトピックス  
[継承]
8.(英) Global climate change by greenhouse gas  (日) 地球温暖化による気候変動  
[継承]
9.(英) Introduction of aquatic environment  (日) 水圏環境に関する概説  
[継承]
10.(英) Current status and topics of aquatic environment  (日) 水圏環境の現状と最新のトピックス  
[継承]
11.(英) Introduction of soil and lithospheric environment  (日) 土壌及び地圏環境に関する概論  
[継承]
12.(英) Current status of soil and lithospheric environment  (日) 土壌及び地圏環境に関する現状と最新のトピックス  
[継承]
13.(英) Introduciton of analytical method for environmental analysis  (日) 環境分析に用いられる分析法に関する概説  
[継承]
14.(英) Current advances of analytical method for environmental analysis  (日) 環境分析に用いられる分析法の最近の進歩  
[継承]
15.(英) Current topics of environmental chemistry  (日) 環境分析に用いられる分析法の最新のトピックス  
[継承]
評価 (必須): (英) The final grades will be determined numerically by averaging your scores with the following weights; homework reports 70% and quizzes 30%. The score will be described as 100-points scale. You will be passed for this class if you get over 60 point.  (日) 評価点は以下の様に与えられる.レポート70点,授業内の小テスト,講義への取り組み状況30点である.評点を100点満点として,60点以上を合格とする.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) To be introcuced in the class  (日) 授業中に紹介する   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介する   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.安澤 幹人 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.薮谷 智規
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/分析·環境化学特論/分析·環境化学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2008/分析·環境化学特論/分析·環境化学特論)
                →閲覧 【授業概要】(2007/分析·環境化学特論/分析·環境化学特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/分析·環境化学特論/分析·環境化学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/分析·環境化学特論/分析·環境化学特論) 閲覧 【授業概要】(2010/分析·環境化学特論/分析·環境化学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/分析·環境化学特論/分析·環境化学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 分析·環境化学特論 / Advanced Analytical and Environmental Chemistry --- 分析·環境化学特論 / Advanced Analytical and Environmental Chemistry
欧文冊子 ● Advanced Analytical and Environmental Chemistry / 分析·環境化学特論 --- Advanced Analytical and Environmental Chemistry / 分析·環境化学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 1.75, Max(EID) = 360832, Max(EOID) = 966486.