『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197472)

EID=197472EID:197472, Map:[2009/物理化学特論], LastModified:2009年11月25日(水) 14:05:42, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Physical Chemistry (日) 物理化学特論 (読) ぶつりかがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.田村 勝弘
肩書 (任意):
[継承]
2.魚崎 泰弘
肩書 (任意):
[継承]
3.鈴木 良尚 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The main goal of this class is to understand the relationship between the principle of physical chemistry and real phenomena. Solvation, crystal growth, phase transition of lipid bilayer (as the model of biomembrane) and bioassay of pollutant are the main topics of this class.  (日) 溶液中で起こる様々な物理化学的現象,特に溶媒和,結晶成長,生体モデル膜の相転移および環境汚染物質のバイオアッセイというトピックスを通して,物理化学の基礎的な原理と実際の現象との結びつきについて理解を深める.   [継承]
概要 (必須): (英) (Solvation phenomena) Many chemical reactions are studied in liquids. Although solvation process plays a key role in these reactions, it is hard to understand the solvation quantitatively. In this lecture, "solvation thermodynamics" based on statistical mechanics is introduced and the methods to understand the solvation theoretically are explained. (Crystal Growth) Concepts and technology of crystal growth play an important role in design of materials and structure analysis. The main goal of this class is to provide a solid introduction to the fundamentals of crystal growth that can be used to describe various phenomena involving equilibrium conditions, rate processes, surface or interface properties, etc. (Phase transition and bioassay of pollutant) The physical properties of various micelles (normal and reversed micelles) and liposomal membranes are discussed. The chemical reactions including bioreactions in such molecular assemblies are also mentioned. Calorimetry and high-pressure techniques to study these chemical and physical phenomena are lectured from the viewpoint of basic and applied fields (for instance bioassay of pollutant).  (日) (溶媒和)液体中で化学反応を研究することが多い.それらの反応で,溶媒和が大きく関与するが,定量的に理解することは困難な場合が多い.そのため,統計力学に基づく「溶媒和熱力学」を導入して溶媒和を理論的に解釈する手法について講述する. (結晶成長)結晶成長学は,材料設計や構造解析に対し重要な役割を果たしている.その結晶成長学を通して,平衡状態の熱力学,反応速度論,表面界面の化学などについてより深く学ぶ. (生体モデル膜の相転移および環境汚染物質のバイオアッセイ)会合ミセル,生体モデル膜などの分子集合体の物性やこれらの系内における生体反応を含む種々の化学反応について講述する.研究手段として利用する熱測定,高圧力などについても基礎·応用の両面にわたって解説する.また,以上の分野の最近のトピックスや環境汚染問題などへの応用も織り込みながら講義を進める.   [継承]
キーワード (推奨): 1.溶媒和 (solvation) [継承]
2.結晶成長 (crystal growth) [継承]
3.生体膜 (biomembrane) [継承]
4.バイオアッセイ (bioassay) [継承]
先行科目 (推奨): 1.基礎物理化学 ([2010/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/基礎物理化学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.物質機能化学特論 ([2010/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2009/物質機能化学特論])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to have a good understanding of undergraduate-level physical chemistry and related subjects.  (日) 学部教育における物理化学を理解していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the fundamentals of solvation phenomena  (日) 溶媒和現象の基礎を理解する  
[継承]
2.(英) To understand the fundamentals of crystal growth  (日) 結晶成長学の基礎を理解する  
[継承]
3.(英) To understand the outline of molecular assemblies and the fundamentals of thermal analysis  (日) 分子集合体の概要を把握させる.熱測定の基礎の理解を深める.  
[継承]
4.(英) To understand bioassay as an analytical method for pollutant  (日) 環境汚染計測としてのバイオアッセイの理解を深める.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Statistical mechanics and thermodynamics  (日) (溶媒和)統計力学と熱力学  
[継承]
2.(英) Chemical potential  (日) (溶媒和)化学ポテンシャル  
[継承]
3.(英) Solvation thermodynamics  (日) (溶媒和)溶媒和熱力学  
[継承]
4.(英) Solvation energy  (日) (溶媒和)溶媒和エネルギー  
[継承]
5.(英) Ion solvation  (日) (溶媒和)イオン溶媒和  
[継承]
6.(英) Thermodynamics of phase transition  (日) (結晶成長)相変化の熱力学  
[継承]
7.(英) Nucleation  (日) (結晶成長)結晶の誕生  
[継承]
8.(英) Ideal growth rate of crystal  (日) (結晶成長)理想的成長  
[継承]
9.(英) Surface structure and roughning transition  (日) (結晶成長)表面構造とラフニング  
[継承]
10.(英) Surface kinetics  (日) (結晶成長)表面kinetics  
[継承]
11.(英) Physical properties of associated micelles and chemical reactions in the micelle.  (日) 会合コロイドの性質·ミセル触媒反応  
[継承]
12.(英) Basis of calorimetry and calorimetry in biochemistry  (日) 熱測定の基礎·生化学におけるカロリメトリー  
[継承]
13.(英) Measurement of bioactivities and growth thermograms of microorganisms  (日) 微生物活性の測定·微生物の増殖サーモグラム  
[継承]
14.(英) Application of calorimetry to the measurements of pollutant  (日) 環境汚染計測への応用  
[継承]
15.(英) Bioassay of gas by using a gas pressurizing method  (日) ガス加圧法を利用した気体のバイオアッセイ  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments count 100%.  (日) 授業中に課すレポート100%で評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) To be announced in the class  (日) 講義中に適宜紹介する   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) Yukio Saito, Statistical Physics of Crystal Growth, World Scientific, Singapore, 1996  (日) 齋藤幸夫著 結晶成長(裳華房フィジックスライブラリー)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.田村 勝弘
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/物理化学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2008/物理化学特論)
                →閲覧 【授業概要】(2007/物理化学特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/物理化学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/物理化学特論) 閲覧 【授業概要】(2010/物理化学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/物理化学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 物理化学特論 / Advanced Physical Chemistry
欧文冊子 ● Advanced Physical Chemistry / 物理化学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6) 閲覧【担当授業】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 2, LA = 3.33, Max(EID) = 360716, Max(EOID) = 966205.