『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197462)

EID=197462EID:197462, Map:[2009/物質化学特論], LastModified:2009年11月20日(金) 21:24:46, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Materials Chemistry (日) 物質化学特論 (読) ぶっしつかがくとくろん
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.手塚 美彦
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This course intends to develop the knowledge of materials in physics, chemistry, crystallography, polymer, and semiconductors, which has been acquired in undergraduate, through the rearrangement of these knowledge in terms of the electronic states, constituting atoms and molecules, and interactions between them. The objective of the course is to develop ability to understand materials from the viewpoints of various fields.  (日) 光·電子デバイスの多くは無機半導体の電子的性質をその動作原理としているが,LED一つを取ってみても発光部の半導体だけで素子が構築できるわけではない.半導体に電流を供給する電極には金属が,絶縁及び封止には高分子材料が使われている.そしてこれらの材料物質の性質はその構成要素である原子·分子の集合状態に大きく依存する.このように,一つのデバイスを作り上げるためには複数の材料物質に対する分子レベルの理解が必要である.本講義では,学部時代に修得した物理,化学,結晶,高分子,半導体などに細分化された知識を,物質の電子状態と構成原子·分子の集合状態という二つの観点から再編し,物質間の相互作用に関する知識を加えて発展させる.これによって材料物質を分野統合的な幅広い視野から見る能力を養うことを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英) Structures, properties, functions and synthesis of various materials will be explained in term of chemistry to understand materials chemistry which constitutes one of the bases of materials science. Fullerenes and their derivatives will be taken up as recent topics to explain the relationship between molecular structures and physical properties.  (日) 物質のもつ構造,特異的な物性,機能,およびその合成を化学的に論じ,材料科学,物質科学の根幹をなす物質化学について理解を深める.最近の話題として,フラーレンとその誘導体を取り上げ,分子構造と物性との関係を解説する.また本講義は工業に関連した科目であり,「工業材料と社会生活」及び「工業材料の性質と構造」について実例を挙げて解説する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) to enable a student to develop applications of materials by the estimation of their properties from the atoms and molecules constituting them.  (日) 物質を構成する原子·分子の集合状態からその物性を予測し,材料としての応用展開が計れる.  
[継承]
2.(英) to enable a student to develop applications of materials by the estimation of their electric and electronic properties from the electronic states.  (日) 物質の電子状態からその電気的·電子的性質を予測し,材料としての応用展開が計れる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction to materials and chemistry  (日) イントロダクション(材料と化学)  
[継承]
2.(英) Classification of materials according to their crystalline states and molecular aggregation states  (日) 結晶状態及び分子集合状態による物質の分類  
[継承]
3.(英) Crystalline materials  (日) 結晶性物質  
[継承]
4.(英) Amorphous materials (glass, silicone, metals)  (日) アモルファス物質(ガラス,シリコン,金属)  
[継承]
5.(英) Molecular aggregate (micelle, liquid crystalline, gels)  (日) 分子集合体(ミセル,液晶,ゲル)  
[継承]
6.(英) Classification of materials according to their electronic states  (日) 電子状態による物質の分類  
[継承]
7.(英) Experimental methods for the evaluation of electric properties of materials  (日) 物質の電気的性質の実験的評価方法  
[継承]
8.(英) Dielectric materials (1): ceramics  (日) 誘電体(1):セラミックス  
[継承]
9.(英) Dielectric materials (2): polymers  (日) 誘電体(2):高分子化合物  
[継承]
10.(英) Electrochemical properties of semiconductors (1): inorganic semiconductors  (日) 半導体の電気化学的性質(1):無機半導体  
[継承]
11.(英) Electrochemical properties of semiconductors (2): organic semiconductors  (日) 半導体の電気化学的性質(2):有機半導体  
[継承]
12.(英) Electronic interactions between metals and semiconductors  (日) 金属と半導体との電子的相互作用  
[継承]
13.(英) Electronic interactions between semiconductors and redox species in solutions  (日) 半導体と溶存化学種の電子的相互作用  
[継承]
14.(英) Carbon materials: molecular structures and electronic states of fullerenes  (日) 炭素材料:フラーレンの分子構造と電子状態  
[継承]
15.(英) Carbon nanotubes  (日) 炭素材料:カーボンナノチューブ  
[継承]
16.(英) A term examination  (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Reports worth a total of 50% of the course grade will be given. A term examination (50%) will be given as in-class closed-book examination.  (日) 複数回のレポート(50%)と定期試験(50%)で評価する.定期試験はテキスト持ち込み付加で行なう.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) will be introduced in the lecture.  (日) 講義中に紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.手塚 美彦
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/物質化学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2008/物質化学特論)
                →閲覧 【授業概要】(2007/物質化学特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/物質化学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/物質化学特論) 閲覧 【授業概要】(2010/物質化学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/物質化学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 物質化学特論 / Advanced Materials Chemistry
欧文冊子 ● Advanced Materials Chemistry / 物質化学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.61, Max(EID) = 366679, Max(EOID) = 982186.