『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197425)

EID=197425EID:197425, Map:[2009/光機能材料·光デバイス論2], LastModified:2009年11月25日(水) 14:05:35, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Lecture in Optical Materials and Devices, Part 2 (日) 光機能材料·光デバイス論2 (読) ひかりきのうざいりょう ひかりでばいすろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.後藤 信夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英) Optical devices are key elements for optical information processing systems and optical communication systems. It is important to understand the basic effects and principle used in optical wave control. In this lecture, mathematical description of optical passive devices, optical circuits, interaction between optical waves and materials, and nonlinear optical effects is discussed. Basic technology for designing of optical devices and optical circuits is described.  (日) 光情報処理システムや光通信システムにおいて基本構成要素となる光デバイスに関して,基礎となる光波制御のための効果やデバイス動作原理を理解することが重要である.この講義では,受動光デバイスや光回路,物質と光波の相互作用や非線形光学効果について数学的に記述する方法を学び,光デバイスや光回路を設計するための基礎を学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英) 1. Optical passive circuits, 2. Interaction between optical waves and materials, 3. Control of optical waves, 4. Optical nonlinear effects  (日) 1.受動的な光回路,2.物質と光の相互作用,3.光波の制御,4.非線形光学効果   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) optical waveguide (日) 光導波路 (読) [継承]
2. (英) optical functional device (日) 光機能素子 (読) [継承]
3. (英) optical wave control (日) 光波制御 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.光通信システム工学特論 ([2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2009/光通信システム工学特論])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.フォトニックデバイス ([2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]]/[2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士前期課程]]/[2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2009/光デバイス])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) 1. Understanding of mathematical description of materials for optical wave control, 2. Understanding of mathematical analysis of optical waves in materials, 3. Understanding of description and analysis of optical devices and circuits.  (日) 1.光波制御に用いられる物質の数学的記述ができる.2.物質と光波の相互作用の説明ができ,物質中における光波の数学的記述により相互作用の解析ができる.3.光デバイスや光回路における光波記述と解析の説明ができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Optical waveguide and optical wave propagation  (日) 光導波路と光波伝搬  
[継承]
2.(英) Analysis of directional coupled waveguides  (日) 方向性結合導波路の解析  
[継承]
3.(英) Analysis of optical passive circuits consisting of coupled waveguides  (日) 結合導波路からなる受動光回路と解析  
[継承]
4.(英) Analysis of Bragg reflection waveguides  (日) ブラッグ反射導波路の解析  
[継承]
5.(英) Electro-optic effects and wave control in crystal  (日) 結晶における電気光学効果と光波制御  
[継承]
6.(英) Magneto-optic effect and wave control  (日) 磁気光学効果と光波制御  
[継承]
7.(英) Acousto-optic effect and wave diffraction  (日) 音響光学効果と光波回折  
[継承]
8.(英) Optical nonlinear effect  (日) 非線形光学効果  
[継承]
評価 (必須): (英) Attitude toward lecture (40%), Report (60%). More than 60% of the total score is required.  (日) 講義への取り組み状況(40%),レポート(60%)で評価し,全体で60%以上で合格とする.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 他学部,他大学学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) T. Jinpo ed., Optical electronics, Ohm-sha, 1997.  (日) 神保孝志編著,光エレクトロニクス,オーム社,1997年   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) Y. Suematsu and K. Iga, Introduction to optical fiber communication, Ohm-sha, 2006.  (日) 末松安晴,伊賀健一,光ファイバ通信入門,オーム社,2006年   [継承]
2.(英) T. Kurokawa, Optical functional device, Kyoritsu, 2004.  (日) 黒川隆志,光機能デバイス,共立出版,2004年   [継承]
3.(英) H. Nishihara, M. Haruna and T. Suhara, Optical integrated circuits, Ohm-sha, 1985.  (日) 西原浩,春名正光,栖原敏明,光集積回路,オーム社,1985年   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.後藤 信夫
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/光機能材料·光デバイス論2)
            →閲覧 【授業概要】(2008/光機能材料·光デバイス論2)
                →閲覧 【授業概要】(2007/光機能材料·光デバイス論2)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/光機能材料·光デバイス論2)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/光機能材料·光デバイス論2) 閲覧 【授業概要】(2010/光機能材料·光デバイス論2) 閲覧 【授業概要】(2011/光機能材料·光デバイス論2)

標準的な表示

和文冊子 ● 光機能材料·光デバイス論2 / Lecture in Optical Materials and Devices, Part 2
欧文冊子 ● Lecture in Optical Materials and Devices, Part 2 / 光機能材料·光デバイス論2

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.18, Max(EID) = 366679, Max(EOID) = 982186.