『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197415)

EID=197415EID:197415, Map:[2009/バーチャルリアリティ技術], LastModified:2010年1月13日(水) 11:26:21, Operator:[仁木 登], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Virtual Reality (日) バーチャルリアリティ技術 (読) バーチャルリアリティぎじゅつ
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.仁木 登
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Introduction to the fundamental concepts of virtual reality.  (日) バーチャルリアリティの基本的な技術を習得することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英) Virtual Reality is a combination of human interface, graphics, sensor technology, high performance computing, and networking. It allows the user to interact with an artificial environment created by computers. Using these technologies, one has the feeling of total immersion in a new environment. Here, these technologies and several VR simulations are described.  (日) バーチャルリアリティの技術と人間の関わりを解説し,これらを構成する映像技術や計算技術,また高難度作業の応用例について後述する.この授業は工業に関する科目である.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) It is desired to finish a course of digital signal processing, image processing, and pattern recognition .  (日) 画像処理,パターン認識を履修していることが望ましいが,受講していない学生にも理解できるように配慮する.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 限られた時間内で講義内容を理解して課題をこなす ことは困難であるので,予習・復習をすること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand fundamentals of virtual reality.  (日) バーチャルリアリティ技術に必要な基礎事項を理解する.  
[継承]
2.(英) To understand various techniques for realizing virtual environments.  (日) 映像技術,計算技術,高難度作業に応用されている各種バーチャルリアリティ技術について理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) 1. Introduction  (日) バーチャルリアリティ技術概論  
[継承]
2.(英) Mathematical Fundamentals (Image Processing)  (日) バーチャルリアリティ技術に関する数学的基礎(画像処理)  
[継承]
3.(英) Mathematical Fundamentals (Pattern Recognition)  (日) バーチャルリアリティ技術に関する数学的基礎(パターン認識)  
[継承]
4.(英) Computer Graphics  (日) コンピュータグラフィックス  
[継承]
5.(英) Three-dimensional Coordinate System  (日) 3次元座標変換  
[継承]
6.(英) Geometrical Modeling  (日) 幾何形状モデリング法  
[継承]
7.(英) Hidden Line and Surface Removal Methods  (日) 陰線消去·陰面消去法  
[継承]
8.(英) Advanced Rendering Topics  (日) レンダリング法  
[継承]
9.(英) Real Time Computer Graphics  (日) 実時間コンピュータグラフィックス  
[継承]
10.(英) Image Processing of Motion Pictures  (日) 動画像処理  
[継承]
11.(英) Image Sensing Technology  (日) 画像センシング  
[継承]
12.(英) Virtual Reality Systems  (日) 人工現実感システム  
[継承]
13.(英) Augmented Reality Systems  (日) 複合現実感システム  
[継承]
14.(英) Advanced Applications of Virtual Reality 1  (日) バーチャルリアリティ技術の医療分野への応用  
[継承]
15.(英) Advanced Applications of Virtual Reality 2  (日) バーチャルリアリティ技術の工業分野への応用  
[継承]
16.(英) Final Examination  (日) 最終試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Project Report 60%, Final Examination 40%  (日) バーチャルリアリティ技術に関する課題レポート60%,最終試験40%   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) Reference books are introduced to each topic.  (日) 各トピックスに関する参考書を紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/バーチャルリアリティ技術)
            →閲覧 【授業概要】(2008/バーチャルリアリティ技術)
                →閲覧 【授業概要】(2007/バーチャルリアリティ技術)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/バーチャルリアリティ技術)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/バーチャルリアリティ技術) 閲覧 【授業概要】(2010/バーチャルリアリティ技術) 閲覧 【授業概要】(2011/バーチャルリアリティ技術)

標準的な表示

和文冊子 ● バーチャルリアリティ技術 / Virtual Reality
欧文冊子 ● Virtual Reality / バーチャルリアリティ技術

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.69, Max(EID) = 366735, Max(EOID) = 982369.