『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197208)

EID=197208EID:197208, Map:[2009/計算数理特論], LastModified:2009年11月24日(火) 20:02:30, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Computational Science (日) 計算数理特論 (読) けいさんすうりとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.竹内 敏己 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.数理解析分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.数理解析講座])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class provides the basic technology for numerical calculation for the differential equation.  (日) 微分方程式に対する数値計算を行うための基礎技術を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英) The numerical calculation methods for the differential equation are introduced.  (日) 微分方程式に対する様々な数値計算法を紹介する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.数値解析 (numerical analysis) [継承]
2.数値計算 (numerical computation) [継承]
3.微分方程式 (differential equation) [継承]
先行科目 (推奨): 1.数値解析 ([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/数値解析])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.基礎数学/微分積分学I ([2006/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.基礎数学/微分積分学II ([2006/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.数理解析方法論 ([2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2009/数理解析方法論])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.数値解析 ([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/数値解析])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英) Students have to understand basic mathematics of undergraduate-level.  (日) 学部教育における基礎数学を理解していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand principle of numerical calculation methods.  (日) 様々な数値計算手法についての基本的な考え方を身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction to numerical simulation  (日) 数値シミュレーションの流れ  
[継承]
2.(英) Mathematical model  (日) 数理モデル  
[継承]
3.(英) Lagrange interpolation  (日) ラグランジュ補間  
[継承]
4.(英) Spline interpolation  (日) スプライン補間  
[継承]
5.(英) Least squares method  (日) 最小2乗法  
[継承]
6.(英) Finite difference method  (日) 差分法  
[継承]
7.(英) Arbitrary precision formula  (日) 任意精度の公式  
[継承]
8.(英) Application to ordinary differential equation  (日) 常微分方程式への応用  
[継承]
9.(英) Application to partial differential equation  (日) 偏微分方程式への応用  
[継承]
10.(英) Gauss-Seidel method  (日) Gauss-Seidel法  
[継承]
11.(英) Successive Over-Relaxation method  (日) SOR法  
[継承]
12.(英) Explicit method  (日) 陽解法  
[継承]
13.(英) Implicit method  (日) 陰解法  
[継承]
14.(英) Crank-Nicolson method  (日) クランク-ニコルソン法  
[継承]
15.(英) Numerical instabilities  (日) 数値安定性  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments count 100%  (日) 授業中に課すレポートで評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.竹内 敏己 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.数理解析分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.数理解析講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/計算数理特論)
            →閲覧 【授業概要】(2008/計算数理特論)
                →閲覧 【授業概要】(2007/計算数理特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/計算数理特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/計算数理特論) 閲覧 【授業概要】(2010/計算数理特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 計算数理特論 / Advanced Computational Science
欧文冊子 ● Advanced Computational Science / 計算数理特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(8)
Number of session users = 0, LA = 0.46, Max(EID) = 366575, Max(EOID) = 981911.