『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=197176)

EID=197176EID:197176, Map:[2009/環境システム工学特論], LastModified:2010年1月29日(金) 17:16:22, Operator:[松尾 繁樹], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Environmental Systems Engineering (日) 環境システム工学特論 (読) かんきょうしすてむこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程] [継承]
2.2010/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程] [継承]
3.2010/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.木戸口 善行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授)
肩書 (任意):
[継承]
3.近藤 光男
肩書 (任意):
[継承]
4.橋本 修一
肩書 (任意):
[継承]
5.藤澤 正一郎
肩書 (任意):
[継承]
6.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
肩書 (任意):
[継承]
7.松尾 繁樹
肩書 (任意):
[継承]
8.山中 亮一 ([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
肩書 (任意):
[継承]
9.富田 卓朗 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
肩書 (任意):
[継承]
10.佐藤 克也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
肩書 (任意):
[継承]
11.伊藤 伸一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To understand the present environmental problems and to acquire the advanced of the technique and the approach to solve problems on the point of the ecosystem engineering.  (日) 最近の市民生活環境一般に関する現状,問題点を理解し,それらの問題点に関してエコロジーの立場から解決すべく行われている最新の研究と産業界での取り組みを理解する.   [継承]
概要 (必須): (英) To explain the structure and function of environmental systems, the relationship between civil life and disaster prevention systems, and the changes of social system due to the technological revolution and the policy.  (日) 市民生活と環境の問題について理解し,その工学的視野を広げることを目的とする.環境システムの構成要因と構造を理解させ,市民生活や防災とシステムとの関係,さらに技術革新や政策によるシステムの変化についての事例を交えて講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) environmental policy (日) 環境政策 (読) かんきょうせいさく [継承]
2. (英) natural disaster (日) 自然災害 (読) [継承]
3. (英) energy saving technology (日) 省エネ技術 (読) しょうえねぎじゅつ [継承]
4. (英) welfare technology (日) 福祉工学 (読) ふくしこうがく [継承]
5. (英) miromechanical engineering (日) マイクロ機械工学 (読) まいくろきかいこうがく [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the factor of environmental systems  (日) 環境システムの構成要因の理解  
[継承]
2.(英) To understand the strucure of environmental systems  (日) 環境システムの構造の理解  
[継承]
3.(英) To understand the civil life and natural disaster prevention systems  (日) 市民生活と防災システムの関係の理解  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) The policy and natural disaster prevention measures (1)  (日) 政策と防災システムの関係1  
[継承]
2.(英) The policy and natural disaster prevention measures (2)  (日) 政策と防災システムの関係2  
[継承]
3.(英) The factor of environmental systems  (日) 環境システムの構成  
[継承]
4.(英) Example of environmental systems  (日) 環境システムの構成要因の事例紹介  
[継承]
5.(英) The structure of environmental systems  (日) 環境システムの構造  
[継承]
6.(英) Example of structure of environmental systems  (日) 環境システムの構造の事例紹介  
[継承]
7.(英) Civil life and nano-technology 1  (日) 市民生活とナノテクノロジー1  
[継承]
8.(英) Civil life and nano-technology 2  (日) 市民生活とナノテクノロジー2  
[継承]
9.(英) Midterm presentation  (日) レポート中間発表  
[継承]
10.(英) Well being technology 1  (日) 福祉工学1  
[継承]
11.(英) Well being technology 2  (日) 福祉工学2  
[継承]
12.(英) Ecosystem engineering 1  (日) 生態系工学1  
[継承]
13.(英) Ecosystem engineering 2  (日) 生態系工学2  
[継承]
14.(英) Hydrogen engine technology  (日) 水素エンジン  
[継承]
15.(英) Diesel engine engineering  (日) ディーゼルエンジン  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments count 100%  (日) 授業時間中に課すレポートで評価する   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) To be introduced in th class  (日) 授業中に紹介する   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in th class  (日) 授業中に紹介する   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.佐藤 克也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/環境システム工学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2008/環境システム工学特論)
                →閲覧 【授業概要】(2007/環境システム工学特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/環境システム工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/環境システム工学特論) 閲覧 【授業概要】(2010/環境システム工学特論)   閲覧 【授業概要】(2011/環境システム工学特論)
閲覧 【授業概要】(2009/環境システム工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 環境システム工学特論 / Advanced Environmental Systems Engineering
欧文冊子 ● Advanced Environmental Systems Engineering / 環境システム工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(6) 閲覧【授業概要】…(8) 閲覧【担当授業】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.66, Max(EID) = 360832, Max(EOID) = 966486.