『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=196724)

EID=196724EID:196724, Map:[2009/通信応用工学], LastModified:2010年1月8日(金) 14:36:10, Operator:[高田 篤], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Applied Communication Engineering (日) 通信応用工学 (読) つうしんおうようこうがく
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.高田 篤 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 「通信工学」では通信技術の基礎を学んだ.本科目では,実用に供されている通信システムについてその概要を習得することにより,通信の基本技術が関連技術と組み合わされてどのような分野にどのように適用されているのか理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 実際に用いられている有線及び無線通信システムの概要を解説する.代表例として,有線通信システムでは基幹系光ファイバ通信システム,アクセスネットワークを,無線通信システムでは移動体通信システム,衛星通信システムの解説を行う.また,各システム構築に用いられる代表的装置/機器の概要を講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 基幹伝送システム (読) [継承]
2. (英) (日) アクセス通信 (読) [継承]
3. (英) (日) 移動体通信 (読) [継承]
4. (英) (日) 衛星通信 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.情報通信理論 ([2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/情報通信理論])
必要度 (任意):
[継承]
2.通信工学 ([2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/通信工学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.マイクロ波工学 ([2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/マイクロ波工学])
関連度 (任意):
[継承]
2.高周波計測 ([2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/高周波計測])
関連度 (任意):
[継承]
3.光デバイス工学 ([2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/光デバイス工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 「情報通信理論」,「通信工学」を受講しておいてほしい.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 毎回の予習·復習は欠かさず行うこと.前半の有線通信方式の講義が終了すれば小テストを行う.レポートは自分で解き毎回提出すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 実際の有線通信システムの概要と適用領域を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 実際の無線通信システムの概要と適用領域を理解する.  
[継承]
3.(英)   (日) 主な通信用装置/機器の概要を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 授業概要・通信ネットワークの基本構成と近年の技術動向  
[継承]
2.(英)   (日) 搬送波通信と搬送波周波数及び通信路・媒体による通信システムの分類(プリント)  
[継承]
3.(英)   (日) 光ファイバと光ファイバ通信システムの概要(教科書5章を中心に)  
[継承]
4.(英)   (日) 光変復調・光増幅(教科書6章を中心に)  
[継承]
5.(英)   (日) 基幹系光通信システム(教科書7.1節-7.2節を中心に)  
[継承]
6.(英)   (日) 超大容量光通信(教科書7.3-7.4節を中心に)  
[継承]
7.(英)   (日) 光ネットワーク・小テスト  
[継承]
8.(英)   (日) アクセスシステム(教科書12章を中心に)  
[継承]
9.(英)   (日) 電磁波の伝搬(教科書1章を中心に)  
[継承]
10.(英)   (日) アンテナによる電磁波の放射・受信(教科書2章を中心に)  
[継承]
11.(英)   (日) 衛星通信システム(教科書8章を中心に)  
[継承]
12.(英)   (日) スペクトラム拡散と多元接続技術(教科書4章を中心に)  
[継承]
13.(英)   (日) 移動体通信システム(教科書9章を中心に)  
[継承]
14.(英)   (日) ローカルエリアネットワーク(教科書10-11章を中心に)  
[継承]
15.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
16.(英)   (日) 総括とまとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験(小テストと定期試験)80%,レポート20%で評価し,全体で60%以上あれば合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 単位取得条件と同一基準で合格とする.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (D)専門基礎20%,(E)専門分野(電気電子システム)80%   [継承]
対象学生 (任意): 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) オーム社 新世代工学シリーズ 木村磐根編「光・無線通信システム」   [継承]
2.(英)   (日) プリント   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 田崎三郎他著「通信工学」朝倉書店   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 高田(E棟3FC-3,656-7465,takada@ee.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (任意): (英)   (日) (火)13:30-14:30,(木)16:30-17:30   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/通信応用工学)
            →閲覧 【授業概要】(2008/通信応用工学)
                →閲覧 【授業概要】(2007/通信応用工学)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/通信応用工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/通信応用工学) 閲覧 【授業概要】(2010/通信応用工学) 閲覧 【授業概要】(2011/通信応用工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 通信応用工学 / Applied Communication Engineering
欧文冊子 ● Applied Communication Engineering / 通信応用工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6) 閲覧【担当授業】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.40, Max(EID) = 375653, Max(EOID) = 1006529.