『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=196637)

EID=196637EID:196637, Map:[2009/生体情報工学], LastModified:2010年1月7日(木) 10:38:39, Operator:[最上 義夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Biological and Medical Engineering (日) 生体情報工学 (読) せいたいじょうほうこうがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.最上 義夫
肩書 (任意):
[継承]
2.藤澤 正一郎
肩書 (任意):
[継承]
3.佐藤 克也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
肩書 (任意):
[継承]
4.伊藤 伸一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.知能情報コース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生体医用工学と知能情報工学との関連と類似性および人工的知能へのアプローチを講述する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 人の運動機能や運動制御,生体医用工学および細胞工学の概説を行う.その中で,筋骨格系の運動学や人体モデル,細胞内情報伝達機構,ならびに,脳の構造と情報処理メカニズムおよび脳活動計測法について講義する.さらに,ニューラルネットワークとその応用および自律知能・生物群知能について講義する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 運動機能 (読) [継承]
2. (英) (日) 人体計測 (読) [継承]
3. (brain) [継承]
4. (英) (日) 脳波 (読) [継承]
5. (英) (日) 再生医療 (読) [継承]
6. (英) (日) 細胞内情報伝達 (読) [継承]
7. (英) (日) ニューロン (読) [継承]
8.ニューラルネットワーク (neural network) [継承]
9. (英) (日) 自律知能 (読) [継承]
10. (英) (日) 生物群知能 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.最適化理論 ([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/最適化理論])
関連度 (任意):
[継承]
2.知識システム ([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/人工知能1])
関連度 (任意):
[継承]
3.知能システム ([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/人工知能2])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 人工知能や機械学習の基礎知識を習得していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 適宜演習を課すので,すべての演習のレポートを必ず提出すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 授業計画1∼4においては,学際的バイオメカニズムについての概説を行う.人の運動学や運動制御,人体計測や歩行分析,筋骨格系モデルや人体計測についての解説を行う.授業計画5∼8においては,生体医用工学の中でも再生医療における工学技術の貢献,および細胞制御のための細胞内情報伝達系について理解し,医工融合領域研究の現状に触れる.授業計画9,10においては,主に人間の脳の情報処理メカニズムと脳活動計測法の習得とその応用事例を概観することで,人間中心設計のシステム構築に対する問題解決力を養う.授業計画11∼15においては,生体・生物の情報処理を模倣した手法の習得とその各種問題への適用例とから,視野の広い問題解決力を獲得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 運動学と運動制御  
[継承]
2.(英)   (日) 人体計測学と歩行分析  
[継承]
3.(英)   (日) 筋肉の構造と運動学的筋電位  
[継承]
4.(英)   (日) 福祉と情報処理  
[継承]
5.(英)   (日) 再生医療技術の概説および工学との関わりについて  
[継承]
6.(英)   (日) 力学刺激情報が生体組織へ及ぼす影響の概説  
[継承]
7.(英)   (日) 細胞レベルにおける力学刺激情報の受容機構について  
[継承]
8.(英)   (日) 細胞力覚機構解明を目指した実験的取り組みの紹介  
[継承]
9.(英)   (日) 脳の神経細胞の構造と動作  
[継承]
10.(英)   (日) 脳波(EEG)および脳波の計測  
[継承]
11.(英)   (日) ニューロンとニューラルネットワーク  
[継承]
12.(英)   (日) 階層型ニューラルネットワークと学習アルゴリズム  
[継承]
13.(英)   (日) 階層型ニューラルネットワークの各種問題への適用  
[継承]
14.(英)   (日) 多様な自律知能行動体  
[継承]
15.(英)   (日) 生物群知能  
[継承]
16.(英)   (日) まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義中に課す演習のレポートの提出状況およびその内容と講義への参加状況とを9:1の割合で評価したものを成績とする.   [継承]
再評価 (不用): (英) report and test  (日) レポートと試験   [継承]
JABEE合格 (任意): (英) no relation with JABEE  (日) JABEE取得には関係ありません.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英) no relation with JABEE  (日) JABEE取得には無関係です.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 講義資料は,Web 上で閲覧できるようにする.閲覧の方法は,授業開始時に指示する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 福島邦彦「神経回路と情報処理」   [継承]
2.(英)   (日) 樋渡涓二「生体情報工学」   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.最上 義夫
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/生体情報工学)
            →閲覧 【授業概要】(2008/生体情報工学)
                →閲覧 【授業概要】(2007/生体情報工学)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/生体情報工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/生体情報工学) 閲覧 【授業概要】(2010/生体情報工学) 閲覧 【授業概要】(2011/生体情報工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 生体情報工学 / Biological and Medical Engineering
欧文冊子 ● Biological and Medical Engineering / 生体情報工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.73, Max(EID) = 405252, Max(EOID) = 1099160.