『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=196249)

EID=196249EID:196249, Map:[2009/英語コミュニケーション], LastModified:2010年1月22日(金) 15:07:40, Operator:[下村 直行], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Communication in English (日) 英語コミュニケーション (読) えいごコミュニケーション
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子工学科教員
肩書 (任意):
[継承]
2.ルック リミン ([(株)ジオス])
肩書 (任意):
[継承]
3.クリフォード クリスティン ([(株)ジオス])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 国際化,グローバル化した現代では,専門分野の事項についても,英語による情報を取得したり,英語で表現したりする必要性がますます高まってきた.この授業では,電気電子工学における英語の能力を「聞く」「話す」,「読む」「書く」の各領域にわたってバランスよく向上させることを図る.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) クラスの半数の学生には,前期に「聞く」「話す」の領域の授業を行い,後期に「読む」「書く」の領域の授業を行う.残りの半数の学生には,前期と後期の内容を入れ替えた授業を行う.「聞く」「話す」の領域の授業は更にクラス分けし,英語のネイティブ·スピーカーの非常勤講師と電気電子工学科教員が共同してあたり,電気電子工学の基礎的事項についての会話·長文聞きとり·スピーチなどを行うための基本的能力を向上させる.「読む」「書く」の領域の授業は,電気電子工学科教員が担当し,専門分野の基礎的事項(電気磁気学·電気回路)の英文テキストを輪読するとともに,それらの英作文の授業も行う.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 英語会話 (読) えいごかいわ [継承]
2. (英) (日) 専門英語 (読) せんもんえいご [継承]
3. (英) TOEIC (日) (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 電気電子工学の基礎的事項に関して英語によって会話,聞きとり,スピーチなどを行うための基本的能力を修得する.  
[継承]
2.(英)   (日) 電気電子工学の基礎的事項に関する英文読解,英作文ための基本的能力を修得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1∼15 「聞く」「話す」の領域の授業(適宜,到達目標1の評価のための小テストを行う),16 「聞く」「話す」の領域の期末試験(到達目標1の評価),17∼31 「読む」「書く」の領域の授業, 32 「読む」「書く」の領域の期末試験(到達目標2の評価), または 1∼15 「読む」「書く」の領域の授業, 16 「読む」「書く」の領域の期末試験(到達目標2の評価), 17∼31 「聞く」「話す」の領域の授業(適宜,到達目標1の評価のための小テストを行う),32 「聞く」「話す」の領域の期末試験(到達目標1の評価)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 「聞く」「話す」の領域では小テスト40%,期末テスト40%,平常点20%で評価を行う.「読む」「書く」の領域では試験80%,平常点20%で評価を行う.「聞く」「話す」の成績と「読む」「書く」の成績の平均が60%以上あれば合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) .   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (B)社会情報100%   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特製テキストを用いる.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) .   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.敖 金平 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/英語コミュニケーション)
            →閲覧 【授業概要】(2008/英語コミュニケーション)
                →閲覧 【授業概要】(2007/英語コミュニケーション)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/英語コミュニケーション)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/英語コミュニケーション) 閲覧 【授業概要】(2010/英語コミュニケーション) 閲覧 【授業概要】(2011/英語コミュニケーション)

標準的な表示

和文冊子 ● 英語コミュニケーション / Communication in English
欧文冊子 ● Communication in English / 英語コミュニケーション

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 4, LA = 1.46, Max(EID) = 377926, Max(EOID) = 1011310.