『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=196237)

EID=196237EID:196237, Map:[2009/アナログ演算工学], LastModified:2009年11月24日(火) 20:01:11, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Analog Processing Technique (日) アナログ演算工学 (読) あなろぐえんざんこうがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.大野 泰夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 電気·電子エンジニアとして計測工学,制御工学,データ処理に必要不可欠なアナログ演算の基本回路を習得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講義では,各種電子回路の物理量を検出し,信号処理を含め,ディジタル演算回路への信号を発生させたり,各種制御回路を構成する上で必要なアナログ演算の基本回路について講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.演算増幅器 (operational amplifier) [継承]
2.アクティブフィルタ (active filter) [継承]
3. (英) (日) 任意関数発生器 (読) [継承]
4.A/D,D/A変換器 (A/D,D/A convertor) [継承]
先行科目 (推奨): 1.電子回路 ([2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2009/電子回路])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.マイクロコンピュータ言語2 ([2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2009/マイクロコンピュータ言語2])
必要度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.自動制御理論 ([2010/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2009/自動制御理論])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.制御工学 ([2010/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2009/制御工学])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 電気数学,電気回路1,2を修得していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 適宜レポート課題を与えるので,予習,復習を十分すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 線形演算回路の解析·設計について修得する.  
[継承]
2.(英)   (日) 非線形演算回路の解析·設計について修得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 演算増幅器  
[継承]
2.(英)   (日) 演算増幅器の周辺回路部品  
[継承]
3.(英)   (日) 演算増幅器の基本回路(反転増幅器,非反転増幅器)  
[継承]
4.(英)   (日) 線形演算回路1(加算器,減算器)  
[継承]
5.(英)   (日) 線形演算回路2(積分器,微分器)  
[継承]
6.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
7.(英)   (日) 線形演算回路3(フィルタ)  
[継承]
8.(英)   (日) 線形演算回路4(コントローラ)  
[継承]
9.(英)   (日) 線形演算回路5(伝達関数表現)  
[継承]
10.(英)   (日) 非線形演算回路1(ダイオード用いた非線形関数発生器)  
[継承]
11.(英)   (日) 非線形演算回路2(トランジスタを用いた非線形関数発生器)  
[継承]
12.(英)   (日) 非線形演算回路3(その他,非線形関数発生器)  
[継承]
13.(英)   (日) 非線形演算回路4(コンパレータ,D/AおよびA/D変換器など)  
[継承]
14.(英)   (日) 予備日  
[継承]
15.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
16.(英)   (日) 試験の返却とまとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義に対する理解力の評価は試験80%(中間試験40%,期末試験40%),平常点(レポート等)を20%として,総合60%以上で合格とする.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に教科書は用いない.必要に応じてプリントを配布する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) アナログ増幅器(OPアンプ)に関する参考書は多数あるので参照して下さい.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.大野 泰夫
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 「電子回路」を受講していること.アナログ演算回路は計測工学,制御工学,データ処理の分野では不可欠なものである.電気電子のエンジニアとして是非身につけて欲しい.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/アナログ演算工学)
            →閲覧 【授業概要】(2008/アナログ演算工学)
                →閲覧 【授業概要】(2007/アナログ演算工学)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/アナログ演算工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/アナログ演算工学) 閲覧 【授業概要】(2010/アナログ演算工学) 閲覧 【授業概要】(2011/アナログ演算工学)

標準的な表示

和文冊子 ● アナログ演算工学 / Analog Processing Technique
欧文冊子 ● Analog Processing Technique / アナログ演算工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 2, LA = 1.32, Max(EID) = 376405, Max(EOID) = 1008141.