『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184788)

EID=184788EID:184788, Map:[2008/社会思想研究], LastModified:2011年4月8日(金) 16:54:35, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 社会思想研究 (読) しゃかいしそうけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.石田 三千雄
肩書 (任意):
[継承]
2.山口 裕之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 環境倫理学の基本的な考え方,トピックス,その思想的背景,現代の環境倫理学の幾つかの潮流を取り上げ,現代の環境問題を考えるための基本的な知識を身につける.その上で,自分なりの調査にもとづくレポートで意見をまとめる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 「環境倫理学」という新興の学問分野の成立と展開を追い,そこで論じられてきた多様なトピックや事例を紹介し検討する.授業は2∼3回の講義でひとつのトピックを取り上げ,概要や問題点を指摘する.それを受けた「まとめ」の授業では,受講者の中から若干名に話題提供のレポートを発表してもらい,それをもとに全員でディスカッションを行う.受講者全員が最低一回は発表すること.   [継承]
キーワード (推奨): 1.哲学 (philosophy) [継承]
2.倫理学 (ethics) [継承]
3.環境 (environment) [継承]
4.社会と自然 (社会と自然) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 講義形式の授業ではあるが,受講生諸君の積極的な参加を求める工夫もする. 平成13年度以降に入学した学生を対象とする.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 環境倫理学についての基本的な知識を身につける.  
[継承]
2.(英)   (日) 現在の環境問題について考えるきっかけをつかむ.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) イントロダクション:「環境倫理学」を学ぶことの意義(石田・山口)  
[継承]
2.(英)   (日) 公害・環境汚染と環境倫理学の芽生え:「沈黙の春」と「成長の限界」(山口)  
[継承]
3.(英)   (日) 酸性雨とパーシングミサイル:国境を越える汚染と冷戦下の政治問題(山口)  
[継承]
4.(英)   (日) IPCCと国際政治:京都議定書の「科学的根拠」(山口)  
[継承]
5.(英)   (日) 「地球環境問題」まとめ:ディスカッション  
[継承]
6.(英)   (日) 動物の権利・自然の権利:動物愛護運動の展開(山口)  
[継承]
7.(英)   (日) 自然開発と自然保護:誰のためになるのか?(山口)  
[継承]
8.(英)   (日) 「環境倫理学の基本概念を問い直す」まとめ:ディスカッション(山口)  
[継承]
9.(英)   (日) エコロジーの思想(1)―ディープ・エコロジーの思想(石田)  
[継承]
10.(英)   (日) エコロジーの思想(2)―ソーシャル・エコロジーの思想(石田)  
[継承]
11.(英)   (日) ドイツの環境政策(石田)  
[継承]
12.(英)   (日) ドイツの生命環境倫理学(石田)  
[継承]
13.(英)   (日) クレープスの自然倫理学(石田)  
[継承]
14.(英)   (日) L.ジープの具体倫理学としての環境倫理学(石田)  
[継承]
15.(英)   (日) 環境倫理学の現代的課題(石田)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 毎回の授業の最後に記入する「一言カード」:2×15=30 「まとめ」授業における発表:40 学期末レポート:30 発表と期末レポートの採点基準については課題発表の際に説明する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行う.   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) 2年次以上   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 広島大学応用倫理学プロジェクト研究センター訳『ジープ応用倫理学』丸善,2007年   [継承]
2.(英)   (日) その他,授業中に適宜指示する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意): http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/tetsugak/phil_index.html [継承]
連絡先 (推奨): 1.山口 裕之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火曜10:30-11:30   [継承]
[継承]
2.石田 三千雄
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 水曜13時から14時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/社会思想研究)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/社会思想研究) 閲覧 【授業概要】(2009/社会思想研究) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 社会思想研究 / 社会思想研究
欧文冊子 ● 社会思想研究 / 社会思想研究

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3) 閲覧【授業概要】…(5)
Number of session users = 0, LA = 1.12, Max(EID) = 383335, Max(EOID) = 1024622.