『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184782)

EID=184782EID:184782, Map:[2008/知覚心理学特論演習], LastModified:2011年4月8日(金) 17:53:43, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 知覚心理学特論演習 (読) ちかくしんりがくとくろんえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.人間·自然環境研究科.臨床心理学専攻]/選択必修科目/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.濱田 治良
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 論文や書籍の講読を通して,人間の視知覚の機序を理解する能力を身に付けることを目標とする.そして人間は物理的外界をそのままに知覚しているのではなく,人間特有な形で外界を知覚していることを理解する.特に明るさの錯視や幾何学的錯視についての現象を学び,ダイナミックな知覚機序の働きによって,人間は外界を適応的に知覚していることを学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 特に明るさの錯視についての現象を学び,ダイナミックな知覚機序の働きによって,人間は外界を適応的に知覚していることを学ぶ.すなわち従来の興奮と拮抗型抑制だけでは明るさ錯視を説明できないことを考察し,非拮抗型抑制の存在を仮定する.そして興奮と拮抗型抑制そして非拮抗型抑制を複合させた興奮と複合的抑制で明るさ錯視を考察する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 視覚 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 積極的な受講を希望する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 明暗錯視の機序を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 序論  
[継承]
2.(英)   (日) マッハの輪  
[継承]
3.(英)   (日) マッハの輪  
[継承]
4.(英)   (日) 視知覚の場  
[継承]
5.(英)   (日) 視知覚の場  
[継承]
6.(英)   (日) 側抑制による錯視現象の解析  
[継承]
7.(英)   (日) 興奮と拮抗型抑制  
[継承]
8.(英)   (日) 興奮と拮抗型抑制によるコンピュータ・シミュレーション  
[継承]
9.(英)   (日) 明るさの同時対比に伴う明るさ水準の低下  
[継承]
10.(英)   (日) 半矩形波格子図形における興奮と複合的抑制  
[継承]
11.(英)   (日) Craik-O'Brien錯視と輪郭線強調効果  
[継承]
12.(英)   (日) 明と暗のCraik-O'Brien錯視における非対称性  
[継承]
13.(英)   (日) Craik-O'Brien錯視とCornsweet錯視の関係  
[継承]
14.(英)   (日) コントラスト極性がEhrenstein錯視に及ぼす相殺効果  
[継承]
15.(英)   (日) まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況,授業への取り組み等の平常点で評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (不用): (英)   (日) 1,2年生   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 濱田治良著, 明るさ錯視における興奮と複合的抑制, 風間書房, 4500円   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.濱田 治良
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 水曜日·12時∼13時,3号館3S02,hamada@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講 21年度開講せず   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/知覚心理学特論演習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/知覚心理学特論演習) 閲覧 【授業概要】(2009/知覚心理学特論演習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 知覚心理学特論演習 / 知覚心理学特論演習
欧文冊子 ● 知覚心理学特論演習 / 知覚心理学特論演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 4, LA = 0.52, Max(EID) = 393906, Max(EOID) = 1066974.