『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184587)

EID=184587EID:184587, Map:[2008/歴史地理学研究II], LastModified:2011年4月11日(月) 17:46:17, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 歴史地理学研究II (読) れきしちりがくけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.水田 義一 ([和歌山大学])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 平成12年のセンサスによれば,日本人の65%(8200万人)は国土の3.3%の市街地(DID)に居住している.今後も都市に密集して居住する傾向は続くであろう.その一方で,都市は大気汚染,水質悪化,騒音,交通渋滞など多くの問題を抱えている.これは歴史的都市を核として都市が成立し,産業革命以降の市街地の拡大に対応した都市整備が十分に行われてこなかったためである.成立期の歴史的都市と,現代都市の機能とのギャップが多くの都市問題を発生させている. そこで歴史的都市はどのような機能と住環境を備えるよう建設されてきたか,日本の古代,中世,近世の計画都市を事例として探る.適宜中国·ヨーロッパ都市との比較も行なう.次いで産業革命以降の人口の都市集中のなかで,交通機関の発達による都心への機能の集積と市街地の拡大に対応して都市整備がどのように行われてきたか,東京,和歌山などいくつかの都市の事例を紹介する.日本ではどうして都市の整備が順調に進まなかったのか,歴史的都市の整備には何が必要かを考える.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 都市の歴史地理   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 歴史地理学研究I (概説,平成15年度開講)と歴史地理学研究II(特論,平成16年度開講)はそれぞれ隔年開講.ただし,平成17年度以降,歴史地理学研究IIは開講されないので,注意すること.この授業科目は教員免許取得(中学校·社会/高校·地歴)のための選択科目でもある.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 歴史的都市と新興の都市域の景観の違いを認識し,都市地域が抱える課題を歴史地理学的に考察する能力を身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1 古代の帝都のプランとその環境  
[継承]
2.(英)   (日) 2 中世末期の中心集落 市場と戦国城下町  
[継承]
3.(英)   (日) 3 計画都市の出現 寺内町  
[継承]
4.(英)   (日) 4 京都の城下町化 秀吉の都市改造  
[継承]
5.(英)   (日) 5 城下町の特色と建設プランの伝播 正方形街区と長方形街区  
[継承]
6.(英)   (日) 6 明治期の城下町の変質  
[継承]
7.(英)   (日) 7 明治以降の都市整備と都市計画  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組み状況および筆記試験による.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 授業は講義の概要と主な資料をプリントして配布する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.水田 義一 ([和歌山大学])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 集中講義時.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講 H19年度開講せず   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/歴史地理学研究II)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/歴史地理学研究II) 閲覧 【授業概要】(2009/歴史地理学研究II) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 歴史地理学研究II / 歴史地理学研究II
欧文冊子 ● 歴史地理学研究II / 歴史地理学研究II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 2, LA = 0.83, Max(EID) = 405257, Max(EOID) = 1099167.