『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184564)

EID=184564EID:184564, Map:[2008/日本語教授法II], LastModified:2011年4月7日(木) 18:02:24, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 日本語教授法II (読) にほんごきょうじゅほう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程] [継承]
4.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.大石 寧子
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 留学生をはじめ外国人と接する時,日本語はコミュニケーション手段の基本となり,その日本語を支えているものは文法である.この文法は国文法とは異なる視点で形成された外国人のための日本語教育の文法である.テキストだけにとどまらず時には留学生もまじえ生きた日本語の仕組みを体感する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 「外国人のための日本語」について文法を軸に仕組みを学ぶ.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 外国人のための日本語 (読) [継承]
2. (英) (日) コミュニケーションの道具 (読) [継承]
3. (英) (日) 運用 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 隔年開講のため,2010年度は開講しない予定なので,注意すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 外国人のための日本語の仕組みを学び,日本語指導やコミュニケーション時の基本とする.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ①本授業の進め方②各自の外国語習得について③日本語教育とは  
[継承]
2.(英)   (日) ①日本語教育のこれまで②外国人のための日本語(以下「日本語」とする)の特徴(1)SOV型・主語の省略・従属節  
[継承]
3.(英)   (日) 「日本語」の特徴(2)複数・助数詞など  
[継承]
4.(英)   (日) 音声·リズム  
[継承]
5.(英)   (日) 文法①国文法との違い②品詞③名詞文「∼は∼です」  
[継承]
6.(英)   (日) ①動詞とは②その活用③文型とは  
[継承]
7.(英)   (日) その文型の機能とそれ支える各フォーム(1)て形,ない形,た形  
[継承]
8.(英)   (日) その文型の機能とそれ支える各フォーム(2)辞書形,可能形,意向形,命令・禁止形  
[継承]
9.(英)   (日) その文型の機能とそれ支える各フォーム(3)受身形,使役形,敬語  
[継承]
10.(英)   (日) ①アスペクト②まとめ-留学生と共に  
[継承]
11.(英)   (日) ①形容詞とは②その活用③形容詞の機能(1)印象・感想,描写  
[継承]
12.(英)   (日) ①形容詞の機能(2)②∼たい・∼ほしい  
[継承]
13.(英)   (日) ①助詞②接続詞③副詞の役割と機能  
[継承]
14.(英)   (日) 表記①ひらがな・かたかな・漢字について②その導入-留学生と共に  
[継承]
15.(英)   (日) 総括授業  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 課題への取り組み方,クラスでの姿勢,レポートなどによって評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 授業初日に伝える   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.大石 寧子
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 金曜日10:00∼12:00.但し事前にメールなどで連絡があった場合は他の日時でも対応します.oishi@isc.tokushima-u.ac.jp 088-656-9875   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) ・将来「日本語」の指導に関わりたいと考えている人だけでなく,国際人の教養と捕らえ,難しく考えないで,楽しい授業にみんなでしていきましょう.   [継承]
2.(英)   (日) ・隔年開講のため2010(平成22)年度は開講しないので,履修プランをたててください.わからないときは,相談に来てください.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/日本語教授法II)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/日本語教授法II) 閲覧 【授業概要】(2009/日本語教授法II) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 日本語教授法II / 日本語教授法II
欧文冊子 ● 日本語教授法II / 日本語教授法II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(4) 閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.34, Max(EID) = 383435, Max(EOID) = 1024845.