『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184317)

EID=184317EID:184317, Map:[2008/地域変容論研究II], LastModified:2011年4月7日(木) 19:44:45, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 地域変容論研究II (読) ちいきへんようろんけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.髙橋 晋一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 地域文化は,どのような構造を有し,地域社会の中でどのような意味を持ったものとして存在しているのだろうか.また,地域文化は,それを取り巻く(社会的,経済的,政治的などの)諸要因の変化にともない,どのように変容していくのだろうか.本講義では,「祭り」という比較的身近な題材を通して,地域文化の構造と,変容の論理を明らかにすることを目的とする.日本の事例のみならず,世界各地の祭りの事例を取り上げながら,具体的かつわかりやすく講義を進めていきたい.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 「祭り」を通して見る地域文化   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 地域文化 (読) ちいきぶんか [継承]
2. (英) (日) 文化変容 (読) ぶんかへんよう [継承]
3. (英) (日) 祭り (読) まつり [継承]
4. (英) (日) 社会変動 (読) しゃかいへんどう [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.文化人類学研究I ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/文化人類学研究I])
関連度 (任意):
[継承]
2.民俗学研究I ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/民俗学研究I])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 受講者の理解を助けるため,授業の中ではDVD・ビデオ,スライド,パソコン(パワーポイントによるプレゼンテーション)などの視聴覚教材を多用する. なお,地域変容論研究I(来年度開講予定)と地域変容論研究II(本年度開講)は,隔年で交互に開講される.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 地域文化の構造と変容のメカニズムを理解し,その理論を現代の具体的な文化現象に適用して考えることができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) はじめに (1)「祭り」とは何か  
[継承]
2.(英)   (日) はじめに (2)祭り研究の視点  
[継承]
3.(英)   (日) 祭りの構造と機能 (1)祭りの構造-システムとしての祭り  
[継承]
4.(英)   (日) 祭りの構造と機能 (2)祭りの機能-なぜ祭りを行うのか  
[継承]
5.(英)   (日) 祭りの深層 (1)祭りと世界観-祭りの奥に隠された「論理」  
[継承]
6.(英)   (日) 祭りの深層 (2)祭りの象徴分析-象徴体系としての祭り  
[継承]
7.(英)   (日) 祭りと社会 (1)村落共同体の祭りと社会組織  
[継承]
8.(英)   (日) 祭りと社会 (2)都市祭礼とネットワーク  
[継承]
9.(英)   (日) 祭りと社会 (3)祭りの伝承システム  
[継承]
10.(英)   (日) 祭りと社会 (4)祭りの地域性-徳島県の事例より  
[継承]
11.(英)   (日) 祭りのダイナミズム (1)祭りとエスニシティ-民族を象徴する祭り  
[継承]
12.(英)   (日) 祭りのダイナミズム (2)祭りと国家-政治的な表象としての祭り  
[継承]
13.(英)   (日) 祭りのダイナミズム (3)祭りと観光,地域振興-経済的資源としての祭り  
[継承]
14.(英)   (日) 祭りのダイナミズム (4)越境するモチーフ-祭りとグローバリゼーション  
[継承]
15.(英)   (日) 祭りのダイナミズム (5)現代社会と祭り  
[継承]
16.(英)   (日) まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 本授業の成績評価は,授業への取り組み状況,授業時間中に随時行う小テスト(各回の授業内容の理解度を確認する簡単なテスト)の点数,期末レポートの点数を総合して行う.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行わない.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使用しない.授業中に随時プリントを配布する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 講義全体に関わる概論的な参考書を以下に挙げる.個々のトピックに関する参考書については,講義の中で随時紹介する.   [継承]
2.(英)   (日) 芦田徹郎『祭りと宗教の現代社会学』世界思想社,2001年   [継承]
3.(英)   (日) 日本生活学会編『祝祭の100年』ドメス出版,2000年   [継承]
4.(英)   (日) 伊藤幹治『宴と日本文化』中公新書,1984年   [継承]
5.(英)   (日) 森田一郎『祭りの文化人類学』世界思想社,1990年   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.髙橋 晋一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) (後期)水曜日 12時∼13時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講(本年度開講せず)   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/地域変容論研究II)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/地域変容論研究II) 閲覧 【授業概要】(2009/地域変容論研究II) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 地域変容論研究II / 地域変容論研究II
欧文冊子 ● 地域変容論研究II / 地域変容論研究II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.75, Max(EID) = 382798, Max(EOID) = 1022439.