『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184199)

EID=184199EID:184199, Map:[2008/ヨーロッパ歴史·社会論I], LastModified:2011年4月10日(日) 20:07:35, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) ヨーロッパ歴史·社会論I (読) ヨーロッパれきし しゃかいろん
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程] [継承]
4.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.佐久間 亮 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) この講義は,「ヨーロッパ社会論I 」とセットで,イギリス社会と文化の特徴とその歴史的形成について論じるものである.縦糸としての歴史的背景,横糸としてのイギリス社会の多様性という立体的なパースペクティブをもつことではじめて,現代のイギリスをよりよく理解できることを示そうとおもう.この講義は縦糸としての18世紀までの歴史的背景を説明する場であるが,その中でもとくに重視するのは,16世紀以降のイギリス近代史そのものが世界的な帝国の形成とその衰退の歴史であったということである.ブリテン島という島国の歴史としてのみこれを眺めていたのでは,現代のイギリスの個性と多様性とを理解することは永久に不可能である.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 異文化交流からみたイギリス近代史論   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 文化多元社会 (読) [継承]
2. (英) (日) ナショナルアイデンティティ (読) [継承]
3. (英) (日) 文化衝突 (読) [継承]
4. (英) (日) 文化統合 (読) [継承]
5. (英) (日) 大英帝国 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.ヨーロッパ社会研究I ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ヨーロッパ社会研究I])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.ヨーロッパ史特論I ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ヨーロッパ史特論I])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.アジア史研究III ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/アジア史研究III])
関連度 (任意): 0.900000 [継承]
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 後期のヨーロッパ社会論I と合わせて受講することを希望する.なお,視覚的印象は,テーマを理解する上で欠かせない要素である.授業中にもしばしばビデオを利用するが,以下に参考となる映画(ビデオ化され入手しやすいもの)をあげておく.予め観ておくことが望ましい.授業中にも言及されるだろう.『エリザベス』Elizabeth(1998), 『恋に落ちたシェイクスピア』Shakespere in Love (1998), TVシリーズ『高慢と偏見』Pride and Prejudice (1995), 『マイ·フェア·レディ』My Fair Lady(1964)   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) ·現代のイギリス社会の歴史的形成のプロセスと理解すること  
[継承]
2.(英)   (日) ·より一般的に,歴史的パースペクティブから現代の事象を理解する重要性を体感すること  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 現在のイギリスを理解するために(1)-ヨーロッパ大陸からの異民族の侵入-  
[継承]
2.(英)   (日) 現在のイギリスを理解するために(2)-アンジュー帝国から百年戦争へ-  
[継承]
3.(英)   (日) 現在のイギリスを理解するために(3)-帝国形成とその後-  
[継承]
4.(英)   (日) 二人のエリザベス(1)-イギリス宗教改革のインパクト-  
[継承]
5.(英)   (日) 二人のエリザベス(2)-ブラッディ・メアリと宗教改革の浸透-  
[継承]
6.(英)   (日) 二人のエリザベス(3)-ロンドンの膨張と生態的危機-  
[継承]
7.(英)   (日) 二人のエリザベス(4)-転換点としての16世紀-  
[継承]
8.(英)   (日) イギリス料理はなぜ不味い?(1)-「ピューリタン革命」論の再検討-  
[継承]
9.(英)   (日) イギリス料理はなぜ不味い?(2)-ピューリタンと民衆文化-  
[継承]
10.(英)   (日) イギリス料理はなぜ不味い?(3)-共和制という名の恐怖政治-  
[継承]
11.(英)   (日) イギリス料理はなぜ不味い?(4)-17世紀の文化衝突-  
[継承]
12.(英)   (日) イギリス人になり損なった人々(1)-「ピューリタン革命」とアイルランド-  
[継承]
13.(英)   (日) イギリス人になり損なった人々(2)-名誉革命とアイルランドの運命-  
[継承]
14.(英)   (日) イギリス人になり損なった人々(3)-スコットランド人は統合されたのか?-  
[継承]
15.(英)   (日) 総括授業  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 期末試験の結果によって評価をおこなう.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行わない   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使用せず,授業中に配布するプリントを中心に講義をすすめる.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.佐久間 亮 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火曜12時∼13時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/ヨーロッパ歴史·社会論I)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/ヨーロッパ歴史·社会論I) 閲覧 【授業概要】(2009/ヨーロッパ歴史·社会論I) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● ヨーロッパ歴史·社会論I / ヨーロッパ歴史·社会論I
欧文冊子 ● ヨーロッパ歴史·社会論I / ヨーロッパ歴史·社会論I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(4) 閲覧【授業概要】…(7)
Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 383335, Max(EOID) = 1024619.