『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184190)

EID=184190EID:184190, Map:[2008/ボランタリー組織論I], LastModified:2011年4月7日(木) 18:50:53, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Voluntary Association Studies (日) ボランタリー組織論I (読) ボランタリーそしきろん
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.高谷 幸
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 今日,NPO/NGO,ボランタリー組織にたいする関心が高まっている.その背景には何があるのか,またそれらの組織はどのような役割を求められ,実際にどのような役割を果たせるのか等,現代社会におけるボランタリー組織の役割を多角的に考えることを目的とする.そのさい,80年代半ば以降急増した外国籍者支援活動をとりあげ,今日のボランタリー活動の意義と課題をより具体的に考察する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 現代社会におけるNPO/NGO,ボランタリー組織の役割   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 国際文化 (読) [継承]
2. (英) (日) NGO (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.ボランタリー組織論II ([2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/[2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.環境社会学研究 ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/環境社会学研究])
関連度 (任意):
[継承]
2.現代社会研究 ([2006/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
3.地域社会研究 ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/地域社会研究(現代GP 吉野川社会構造論Ⅰ)])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (不用): (英)   (日) 特になし   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) ボランタリー組織の役割を,現代社会の諸構造と関係づけながら明らかにすることに主眼があるため,NPOの立ち上げや運営など経営論的な観点からの議論は扱わない.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) ボランタリー組織に関心がある人も,懐疑的な人も,その可能性と限界について,自分なりの意見をもつことができるようになってほしい.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1 イントロダクション  
[継承]
2.(英)   (日) (1) ボランタリー組織とは  
[継承]
3.(英)   (日) (2) 国家・市場・家族との関係  
[継承]
4.(英)   (日) (3) ボランタリー組織論にたいする注目の背景  
[継承]
5.(英)   (日) 2 日本におけるボランタリー組織——外国籍支援活動を例に  
[継承]
6.(英)   (日) (1) 歴史と現在  
[継承]
7.(英)   (日) (2) さまざまな活動と組織  
[継承]
8.(英)   (日) (3) 映画鑑賞  
[継承]
9.(英)   (日) 3 福祉国家とボランタリー組織——外国籍者支援活動の背景  
[継承]
10.(英)   (日) (1) 福祉国家の外部  
[継承]
11.(英)   (日) (2) 参加型市民社会の実現?  
[継承]
12.(英)   (日) (3) 福祉国家の変容のなかで  
[継承]
13.(英)   (日) 4 ボランタリー組織の葛藤と希望  
[継承]
14.(英)   (日) (1) ボランタリー組織の経済的基盤と独立性  
[継承]
15.(英)   (日) (2) 草の根活動と専門性  
[継承]
16.(英)   (日) (3) 当事者と支援者 グループディスカッション:誰が「社会的コスト」を払うのか?  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席,授業時の小レポートと最終レポートによる.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行わない   [継承]
対象学生 (不用): 他学科学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は特になし.毎回の授業でレジュメを配布し,関連する文献を示す.   [継承]
2.(英)   (日) 参考書 コリン・コバヤシ編『市民のアソシエーション フランスNPO法100年』太田出版,2003年   [継承]
3.(英)   (日) 参考書 L・M・サラモン『NPOと公共サービス 政府と民間のパートナーシップ』ミネルヴァ書房,2007年   [継承]
4.(英)   (日) 参考書 J・ハーバーマス『新版 公共性の構造転換』未来社,1994年   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.高谷 幸
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 集中講義期間中に指示する   [継承]
[継承]
2.樋口 直人
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 集中講義期間中に指示する   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 本年度開講せず(隔年開講)   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/ボランタリー組織論I)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/ボランタリー組織論I) 閲覧 【授業概要】(2009/ボランタリー組織論I) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● ボランタリー組織論I / Voluntary Association Studies
欧文冊子 ● Voluntary Association Studies / ボランタリー組織論I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.41, Max(EID) = 405257, Max(EOID) = 1099167.