『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184136)

EID=184136EID:184136, Map:[2008/グリーン有機合成化学], LastModified:2011年4月11日(月) 17:44:56, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) グリーン有機合成化学 (読) グリーンゆうきごうせいかがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 物質科学/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.和田 眞
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 化学は物質(もの)を作る科学であり,前世紀には人類の生活を格段に豊かなものにした.しかし,今,新しい世紀に入り,前世紀の豊かな物質文明を支えた大量生産·大量消費·大量廃棄路線の破綻がはっきりと見えてきた.一方で,化学物質の安全性が社会問題となり,その適切な解決なくして持続的社会を堅持することは危うい.この二つの問題に答えることは21世紀の化学の使命であり,そのためには環境にやさしい環境調和適応型化学,すなわちグリーン化学の実現が不可欠である.グリーン化学とは何かを明らかにし,グリーン化学の重要性を力説することを本授業の目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) グリーン有機合成化学のめざすもの   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) グリー化学 (読) [継承]
2. (英) (日) 環境調和適応型有機化学 (読) [継承]
3. (英) (日) 持続可能な社会 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.グリーン有機合成化学 ([2009/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 物質科学/[修士課程]]/->授業概要[2008/グリーン有機合成化学])
関連度 (任意):
[継承]
2.グリーン有機合成化学演習 ([2009/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 物質科学/[修士課程]]/->授業概要[2008/グリーン有機合成化学演習])
関連度 (任意):
[継承]
3.グリーン有機合成化学演習 ([2009/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 物質科学/[修士課程]]/->授業概要[2008/グリーン有機合成化学演習])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 何事にも貪欲な姿勢を求めます.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 過去に起こった化学物質による人体への影響や環境汚染の原因,過去の化学プロセスの問題点を理解して,これから進むべき有機合成化学の針路を考えられるようになることを目標とする.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) グリーン化学の基本的考え方をまず講義して,その後にグリーン有機合成化学の重要性を力説する.  
[継承]
2.(英)   (日) 1)グリーン化学のめざすもの-その1-  
[継承]
3.(英)   (日) 2)グリーン化学のめざすもの-その2-  
[継承]
4.(英)   (日) 3)グリーン化学原料-バイオマスの利用-その1-  
[継承]
5.(英)   (日) 4)グリーン化学原料-バイオマスの利用-その2-  
[継承]
6.(英)   (日) 5)グリーン化学製品-循環型炭素資源としてのプラスチック-その1-  
[継承]
7.(英)   (日) 6)グリーン化学製品-循環型炭素資源としてのプラスチック-その2-  
[継承]
8.(英)   (日) 7)グリーン化学と分離技術  
[継承]
9.(英)   (日) 8)化学物質の有害性とリスク評価  
[継承]
10.(英)   (日) 9)グリーン有機合成化学-過去·現在·未来-その1-  
[継承]
11.(英)   (日) 10)グリーン有機合成化学-過去·現在·未来-その2-  
[継承]
12.(英)   (日) などについて講義する.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポートを課す.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 御園生 誠·村橋俊一 編「グリーンケミストリー」講談社サイエンティフィック発行   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.和田 眞
オフィスアワー (任意): (英)   (日) いつでも歓迎します.総合科学部3号館2階2N04教官室.E-mail: wada@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講(今年度開講せず).   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/グリーン有機合成化学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/グリーン有機合成化学) 閲覧 【授業概要】(2009/グリーン有機合成化学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● グリーン有機合成化学 / グリーン有機合成化学
欧文冊子 ● グリーン有機合成化学 / グリーン有機合成化学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 0, LA = 0.46, Max(EID) = 384030, Max(EOID) = 1027346.