『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184060)

EID=184060EID:184060, Map:[2008/日本言語基礎研究I (後期)], LastModified:2009年2月19日(木) 21:09:00, Operator:[岸江 信介], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 日本言語基礎研究I (後期) (読) にほんげんごきそけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.岸江 信介
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) この授業では,日本語の敬語や配慮表現を中心に講義する.敬語一般の基礎的な知識を身につけること,敬語や配慮表現について取り上げ,実際に敬語研究に触れ,日本語の敬語について理解することを目標にする.これまで敬語,配慮表現に関連する日本語学各方面で得られた研究成果を概説的に学習する.科学的視点での,ものの見方,とらえ方などを日本語学上の諸事例を参照·検討することによって深めてみたい.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 国語学·日本語学·日本語教育等で基礎となる学習を行う.主に日本語の配慮表現を中心的に取り上げ,概説的な授業を進める.徳島市での配慮表現調査を実施し,各自データ分析を試みる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 授業は,講義形式を原則とするが,受講生各人が興味を持つ分野について,レポートを提出する.学期末毎にテストを行うこともある.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 日本語を科学的な視野からとらえ,日本語学の基礎を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) (1)日本語の敬語  
[継承]
2.(英)   (日) (2)配慮表現とは何か  
[継承]
3.(英)   (日) (3)ポライトネス1  
[継承]
4.(英)   (日) (4)ポライトネス2  
[継承]
5.(英)   (日) (5)日本の方言と敬語  
[継承]
6.(英)   (日) (6)配慮に関するアンケート調査の実施  
[継承]
7.(英)   (日) (7)調査結果の集計と分析1  
[継承]
8.(英)   (日) (8)調査結果の分析と解説2  
[継承]
9.(英)   (日) (9)各自,データ分析結果を通してプレゼンテーション1  
[継承]
10.(英)   (日) (10)各自,データ分析結果を通してプレゼンテーション2  
[継承]
11.(英)   (日) (11)各自,データ分析結果を通してプレゼンテーション3  
[継承]
12.(英)   (日) (12)各自,データ分析結果を通してプレゼンテーション4  
[継承]
13.(英)   (日) (13)レポートの準備のため文献資料の解説1  
[継承]
14.(英)   (日) (14)レポートの準備のため文献資料の解説2  
[継承]
15.(英)   (日) (15)レポートの準備のため文献資料の解説3  
[継承]
16.(英)   (日) 総括授業  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 評価は,テスト(40%),レポート(40%),小テスト(20%)を目安とする.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書:特に指定しない   [継承]
2.(英)   (日) 教 材:授業でプリントを配布することがある.   [継承]
3.(英)   (日) 参考書:各分野で必要な論文·図書を紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.岸江 信介
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火曜日12∼13時 総合科学部1号館3階(2307) 656-9309:kishie@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 配慮表現のデータ分析の方法についての学習も行う.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/日本言語基礎研究I (後期))
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/日本言語基礎研究I (後期)) 閲覧 【授業概要】(2009/日本言語基礎研究I (後期)) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 日本言語基礎研究I (後期) / 日本言語基礎研究I (後期)
欧文冊子 ● 日本言語基礎研究I (後期) / 日本言語基礎研究I (後期)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3)
Number of session users = 0, LA = 0.80, Max(EID) = 383329, Max(EOID) = 1024604.