『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183876)

EID=183876EID:183876, Map:[2008/行動制御論], LastModified:2009年2月25日(水) 03:14:43, Operator:[荒木 秀夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 行動制御論 (読) こうどうせいぎょろん
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.荒木 秀夫
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 行動科学とは何かを科学史的な背景と学問的な課題から理解し,具体的な事例を通じて行動の定性化と定量化の諸成果について学習する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 人問行動は,環境との間で相互媒介的な作用を保っている.その基本原理は,環境適応と欲求実現を目的とした行動の最通化と防御化であるといえる.一方で快適さと関係する感性に依拠することも無視できない.近年になって,この問題が生活環境,労働環境,学習環境等の整備や,産業における製品開発に関連した資料として重要視されつつある.本講義では,その基礎的なアプローチである運動制御学的,生理心理学的解析による行動の定量化とその成果について紹介し,人間の行動制御の一般的特性についての概説を行う.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 運動行動制御 (読) [継承]
2. (英) (日) 行動環境 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.神経生理学 ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/神経生理学])
関連度 (任意): 0.600000 [継承]
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 個々に事例を扱うことが多いが,それらの関係の意味を中心にノートをとること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 行動科学における課題と方法の設定についての原理を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 行動科学の対象と方法  
[継承]
2.(英)   (日) 行動の定性化と定量化  
[継承]
3.(英)   (日) 行動の発達と進化  
[継承]
4.(英)   (日) 行動システムの理論  
[継承]
5.(英)   (日) 行動の統計学的解釈  
[継承]
6.(英)   (日) 行動と知覚運動システム  
[継承]
7.(英)   (日) 人間の空間行動  
[継承]
8.(英)   (日) コミュニケーション行動  
[継承]
9.(英)   (日) 行動の実験科学  
[継承]
10.(英)   (日) 行動の生理心理学  
[継承]
11.(英)   (日) 環境適応と行動  
[継承]
12.(英)   (日) 脳・身体と文化行動(音楽・スポーツ)  
[継承]
13.(英)   (日) ヒューマンエラーと快適性の科学  
[継承]
14.(英)   (日) 行動環境の適正化  
[継承]
15.(英)   (日) 総括授業  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験による   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 原則として再試験は行わない   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) プリントを配布   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.荒木 秀夫
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 金13·14講時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/行動制御論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/行動制御論) 閲覧 【授業概要】(2009/行動制御論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 行動制御論 / 行動制御論
欧文冊子 ● 行動制御論 / 行動制御論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 0, LA = 0.28, Max(EID) = 384001, Max(EOID) = 1027240.