『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183854)

EID=183854EID:183854, Map:[2008/言語情報プログラミング演習 (その1)], LastModified:2009年12月27日(日) 14:22:53, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 言語情報プログラミング演習 (その1) (読) げんごじょうほうぷろぐらみんぐえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程] [継承]
3.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程] [継承]
4.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程] [継承]
5.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程] [継承]
6.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.川上 三郎
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) コンピュータの働きとプログラミングについて基礎知識を習得,自然言語の処理の初歩を学ぶ   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 自然言語の文章を取り扱うためのプログラミング入門.   [継承]
キーワード (推奨): 1.テキスト処理 (text processing) [継承]
2.プログラミング (programming) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) プログラミングに関する知識は無くとも良いが,キーを早く打てるのが望ましい.また欠席すると,後の内容が分らなくなってしまうので注意してください.なお,受講者が少数の場合,Mac OS X を使う可能性があります.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) プログラミング言語に関する基礎的知識,技能を身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) オリエンテーション,コンピュータでできること  
[継承]
2.(英)   (日) プログラミングとは何をすることか  
[継承]
3.(英)   (日) プログラミング言語のいろいろ  
[継承]
4.(英)   (日) 最初のトライアル  
[継承]
5.(英)   (日) プログラミングすることとはデザインなり  
[継承]
6.(英)   (日) それには基礎的な知識の習得は不可欠,基礎練習その1  
[継承]
7.(英)   (日) 基礎練習その2  
[継承]
8.(英)   (日) 基礎練習その3  
[継承]
9.(英)   (日) 基礎練習その4  
[継承]
10.(英)   (日) コンピュータで自然言語を扱うために知るべきこと  
[継承]
11.(英)   (日) 基礎練習その5  
[継承]
12.(英)   (日) 基礎練習その6  
[継承]
13.(英)   (日) 応用編その1,しごとの流れを考える  
[継承]
14.(英)   (日) 応用編その2,まねをするのも悪くない  
[継承]
15.(英)   (日) 応用編その3,KWICプログラムに挑戦  
[継承]
16.(英)   (日) まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 毎回の課題提出と期末試験   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 未定   [継承]
対象学生 (不用): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 配布資料による.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) プログラミングに関連するものを適宜指示します.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.川上 三郎
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 水曜日 10時30分∼12時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/言語情報プログラミング演習 (その1))
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/言語情報プログラミング演習 (その1)) 閲覧 【授業概要】(2009/言語情報プログラミング演習 (その1)) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 言語情報プログラミング演習 (その1) / 言語情報プログラミング演習 (その1)
欧文冊子 ● 言語情報プログラミング演習 (その1) / 言語情報プログラミング演習 (その1)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(4)
Number of session users = 2, LA = 0.27, Max(EID) = 383435, Max(EOID) = 1024854.